関東から滋賀に引っ越してがらりと変った新生活☆ カルチャーショックなど何気ない出来事やつぶやき、食べ物etc…いろんなものが私のあしたをつくる 大好きな旅行やお出掛けをメインにいろんなものをつづっています✿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年初の京都・後編~お参り&京の食~

昨日は時折雪が舞い、曇ったり晴れたりの変なお天気。
地元関東は冬場晴れることが多いので、昼間気温があがるのですが、こちらはあまりあがらず寒いのなんの
外出が辛かった。。


前回の続きです


私たちが初詣に来たのはここ、地主神社。 縁結びの神様です。

地主神社1

私たちが入籍の承諾をもらえたのって、もしかして前回ここにお参りに来たご利益があったんじゃないか
そう思ったからなんです。


お礼参りもしてなかったので、旦那クンのお仕事のご縁も合わせてお参りしました。

地主神社2

私ったらうっかりお賽銭を賽銭箱から落としてしまったのだけど、その後拾って入れなおしたから大丈夫だと思いたい。。

良いご縁がありますように


その後おみくじを引こうかなと思ったのですが、ここは縁結びの神様。
ご縁は恋愛だけでなく勉学やお仕事などもあるけれど、通常縁結びといえばメインは恋愛。
それゆえにおみくじは恋占いのおみくじだったんです
今更恋占いっていう状態でもないので、お札のみ購入して神社を後にしました。


時間もまだ早かったので、バスを乗り継いで錦市場へ~

錦市場1

いつも行く時間が遅くて、営業時間が終わってしまっているお店が多くて哀しい思いをしていたので、早い時間に行ってみたかったんです~~

まずは生牡蠣のお店大安へ。
このお店は多分普通に販売していると思うのだけど、お店の隣や奥で捌いてすぐの牡蠣を食べることが出来るんです

でも生ではなくて焼き牡蠣。
寒いので焼酎のお湯割と一緒にオーダーしました。

錦市場2

ぷっくりと膨らんだ牡蠣は、レモンを絞っただけでウマウマ
捌いてすぐなので鮮度抜群です

せっかくなので珍しいものを食べようか~と頼んだのは大アサリ。

錦市場3

レモンの大きさと比較しても大きいのが分かりますよね
メニューには400円、500円、600円とあって、多分値段によって大きさが違うのかな。
私たちが頼んだこのアサリは500円のもの(400円のものは既に売り切れ)。
贅沢なので半分こしたけど、一口で食べられない大きさって凄いよね。。

店を出た後は今回も豆乳ドーナツをゲット。
時間が早かったので揚げたてを買うことが出来たのだけど、メチャクチャ美味しい~~
サクッとしてふわっとして優しい甘さ。
食べる手が止まらなくなりそう


時折吹雪きが舞い、背中を丸めながら歩いていくと、リズミカルな音が。
つきたてのお餅が食べられるもちつき屋にて、ちょうど餅つきの実演中。

錦市場4

実は旦那クン、こちらのお店のつきたてのお餅が食べたくていたんです。

店の中ではつきたてのお餅を食べることが出来るのだけど、比較的シンプルバージョンは3個入り。
牡蠣や大アサリ、ドーナツも食べていてまぁまぁお腹も膨れているし、2人で1皿頼むのは難しいだろうなぁ。。
そう判断して泣く泣く店頭販売されていた普通のヨモギ入りの餡餅を二人で半分こ。
おやつ感覚で食べるにはなかなかハードルが高いお店です。。


途中練り物やさんでお買い物をし、バスに乗って京都駅に戻りました。

伊勢丹を覗いた後に駅へ向かうと、雪が中のほうまで吹き込んでいます。

吹雪の京都駅

ちゃんと屋根があるのに、横風が凄い。。


電車に乗っておうちに向かいながら外を見ていると、いつの間にやら外は真っ白。
どうやら山を隔てた滋賀側ではまとまった雪が降っていたみたい。
多分京都へ出掛けてなかったら、おうちの中からさえも出掛けなかったかも。
積雪で電車が止まったり遅れたりしなくて良かった~と思ったのは、最寄駅に到着してからのことでした


おうちに到着し、晩御飯の一品に買ってきたさつま揚げを早速いただいてみます。

さつま揚げ

左はチーズ天で右が野菜天。

チーズ天のチーズはクリーミーなカマンベール風。
飛び出さないように両端には入っていないのだけど、両端にトッピングされたゴマがコクを補ってくれていい感じ

野菜天は場所によって具のバラつきがあり、最初ネギしか入ってないように見え『ネギしか入ってないならネギ天にすべきだ』と言っていたのだけど、他には人参やお豆なども入っていました。
ただネギの主張が強いので、個人的にはう~ん。。。

練り物ってそんなに好きじゃないけど、こちらでは種類も多いし味も悪くないし、これなら好きな人も多いんじゃないかな~


そして食後のおやつには、伊勢丹で買った花びら餅を頂きました。

花びら餅

存在は知っていたけど、購入したのは初めてかも。。

添付された説明書を読むと、花びら餅について書かれていたのだけど、
この花びら餅はお雑煮をかたどった和菓子なのだそう。

中を開いてみると味噌あんと人参、外からでも見えるゴボウが挟まっていました。

おーぷん

人参、ゴボウ、白味噌、そしてお餅。
お雑煮の材料で梅やサクラの花びらに見立て、初春を祝う餅菓子。
一緒に添えられたピンクの乾菓子はなんと麹で出来ていました。

ゴボウ独特の土のような香りを和菓子にしてしまうのはいささか無理を感じるような気がするけど、季節や風物を模したその心、
改めて凄いな~と思わずにいられませんでした


地主神社で買ってきたお札。

お札

我が家に素敵なご縁がありますように
スポンサーサイト

今年初の京都・前編~三十三間堂&清水寺~

気がつけば、今月も残り指折り数える程度。。
少し前にお正月が終わったばかりなのになーと思うのは私だけかしらん


1月が終わる前に、先日京都へ行ってきたときのことをお話させて下さい

お正月といえば初詣。
本当なら遅くとも三が日に行くのが一般的だろうけど、私は混雑が大の苦手
時間のロスを無駄に思うのもあるけれど、胃腸虚弱で過敏性腸症候群と判断されたことのある私はトイレがスムーズに確保できない状況がとても辛いのです。。
それゆえに初詣はいつもかなり日をずらしてから行くようにしているのですが、今年は16日に行くことにしました。


この日の天気予報は曇り時々雪だったけど、青空が見えるのに雪が舞うような妙なお天気
本当にこんなので行くの~と思ったけど、旦那クンが行く気満々なのでお出掛けすることにしました


京都駅からバスに乗り、向かったのは三十三間堂

三十三間堂1

滋賀は危ういお天気だったけど、京都はこんな風にいいお天気
駅からそんなに離れていないので、京都タワーも良く見えます。

実はこの日、通し矢と言うものが行なわれ、全国から2千人もの人が集まってくるんですって。
旦那クンの一番の目的はコレでした~(笑)

この日は嬉しいことに無料開放。
中に入っていくと、晴れ着と袴を身にまとい弓を手にした人たちが所狭しといます。

三十三間堂2

既に終えたのか、賞状らしきものを手に歩いている人もいますね。

入口においてあったプログラムを見ると、時間帯ごとに参加者の部門が違います。

 8:30~11:20 新成人男子
11:20~14:20 新成人女子
14:20~15:00 称号者

私たちが訪れた時はちょうど女子の部門。

三十三間堂3

女の子の晴れ着は華やかでいいですね~

三十三間堂は長さが120mぐらいあるので、入口に近い端のところから60m離れたこの的をめがけて矢を放つんです。

三十三間堂4

一人2回行いますが、的に当たる人のほうが圧倒的に少ないです。。
的の大きさは新成人男女とも100cmだけど、称号者は79cm。
弓道ってやったことはないけど、難しいんだろうなぁ。。。

こんな風に横一列に10数人並んで矢を放ちます。

三十三間堂5

風がメチャクチャ冷たいのだけど、皆さん眼中にもないかのように的に向かって真剣そのもの。

う~ん、カッコいい~

三十三間堂6


的に矢を当てた人(皆中者と言うらしい)はその後、15時から行なわれる決勝に進出するようです。


満足するまで見た後は、本堂に入りました。

多分修学旅行で来ていると思うけど、記憶は定かではありません。
中は残念ながら撮影禁止
廊下を歩いていくと、おびただしい数の観音像が並んでいました。
1千体もの観音像は良く見てみると少しずつ違っていて、目を閉じているものや薄目を開けているものなど色々。
あちこち剥げてくすんでしまってもなお金色に放つ観音像は圧巻でした
やっぱり子供の頃に見るのとでは受け止め方も感じ方も違いますね~><
私個人の感想では、やはり大人になってから見たほうがいいかなって思いました。
千手観音もとても見事でしたよ

スムーズに流れていた人の波がゆっくりとなり、何かなと思ったら楊枝のお加持の場。
やなぎを使って観音さまに祈願した法水を参拝者の頭に降りかけ、諸病を除いてもらうという儀式。
特に頭痛に効くそうです。
我が家の旦那クンは頭痛持ち。
効果が出てくれるといいな~


本堂の裏側ではいくつかの出店が。
相変わらず青空だけど風は冷たくて強く、日陰だと凍えそうなほど

三十三間堂7



時折冷たい風に乗って雪が舞うのだけど、それはまるで氷の粒のよう。
私のダウンに粒が落ちたので思わずシャッターを切ってみました

三十三間堂8

シャッターを押す手さえも凍えます。。


この後は再びバスに乗り、清水寺へ向かいました。


日陰を歩いているとダウンの上からも寒さが伝わってくるし、手は手袋をしていても既に氷のように冷え冷え。
電車に乗る前に買ったホットドリンクは、ペットボトルホルダーに入れてあるのに冷蔵庫に入っていたかのような温度
とにかく寒くてあったまりたくて、五条坂の途中で蒸したての抹茶まんを二人で頬張りました。
風が吹くと雪と言うより氷の粒が舞ってきて寒いのなんの

清水寺1

それでも人が多いのはさすが観光スポットです

清水寺に到着しました~

清水寺2

前回来た時より空の色が青いので、仁王門が引き立ちますね
時計を見ると15時半少し前だけど、空には月が浮かんでいました。

仁王門の南側を走る道から見える茶碗坂の風景。
ここはちょっぴり好きだったりします

清水寺3

茶碗坂はあんまりお土産物やさんもないので地味だけど、人も少ないし道路からの道も少し近いので、お土産物やさんに寄らないならこちらの方が断然オススメ

こちらは三重塔。

清水寺4

周りの木々の葉がすっかり落ちてしまっているので建物が良く見えます。

秋には色とりどりの紅葉でにぎわっていた道も今ではご覧の通り。

清水寺5

清水寺ってややミーハーなイメージだけど、冬はしっとりとして大人のスポットのイメージですね。

清水の舞台は下から見上げてもこんなにも良く見えます。

清水寺6



清水寺に来たけれど、私たちの目的はここではありません。
その理由は次回

信楽陶芸教室②~製作~

昨日の夕方、体調不良で早々に帰ってきた旦那クンですが、帰宅したばかりは37.4度だった熱が、夜には39度近くになりました
食欲もあまりなく、節々も痛む様子。
寝る前に解熱剤を飲んで寝たら37度にまで下がったけど、一応病院に行かせました
1時間後ぐらいに終わったので話を聞くと、どうやらインフルエンザだったみたい。
ピークが過ぎてしまったので、インフルエンザ治療薬は使えないとのことで、解熱剤のみもらってきました。
『2日はなるべく外出しないように』って言われたんですって。

全くもぉ~~
普段から外出時にはマスクを着用しろって常々言っていたのに、なにやら言い訳をしてずっとつけてなかったんです。
そのくせ『ななはには病気になられたら困る』と言っていたくせに。

今週末、市役所に行こうと思ってたのに。。
来週早々、プチ出張があるのに。。

ご飯はパスタしか作れない旦那クン。
二人ともインフルエンザの予防接種は受けているものの、早く回復して欲しいな
どうか私までかかりませんように


前回の陶芸体験で作ったのは、ポン・デ・ライオンの他にお茶碗が2つ。
ポン・デ・ライオンは残念ながら焼いている最中に壊れてしまったけど、私の作ったお茶碗は出来上がったとのことで持ってきてもらいました。

それがこちらの2つ。

信楽陶芸教室12

う~~ん。。。
焼いたことで一回り小さくなってはいるので、思ったよりは大きくないのだけど、こうして見ても側面や縁がガタガタ

『出来上がりを見て気に入らなかったらまた作り直そう』
そう話してもいたので、2回目ならもう少し上手くできるかなという淡い期待をこめて再挑戦

作り方の手順はもうすっかりうろ覚えだけど、時間を掛けすぎて粘土が乾いてしまった失敗を繰り返さないよう手早く進めました。
側面の模様とかどんな風にしよう~なんて思っていたけど、やはりいざとなると前回と同じように全然思い浮かんでこなくて。。
仕方がないので、前回と同じようなデザインにしちゃいました。


お茶碗を作る私の隣で、旦那クンはポン・デ・ライオンの台座を作ります。

信楽陶芸教室13

またも早々に暇になってしまった私がお手伝い。
粘土の中に空気があると、それが焼いているうちに破裂の原因になったりするので、ヘラで押さえつけて浮き上がってきたものを潰す作業です。

その横で旦那クンは胴体作り。
今度こそ、倒れないように足をしっかりと太くして。。

信楽陶芸教室14

これだけ太ければちょっとやそっとじゃ倒れなさそうだけど、こうなるともはやライオンではなく、豚を通り越してもはやゾウ 

ポン・デ・ライオンが純真無垢な目で見つめるけど、遠くに転がる前回の豚のような胴体がセツナイ。。


私たちが手びねりで製作していた午後、ろくろ体験のカップルが来ました。
先生は、大きな機械音をたてて回転するろくろを実際に触れながら、粘土の扱い方を教えています。
上に細く伸びたり、ずんぐりとした山のようになったりとまるで生き物のよう。
思ったよりは難しそうだけど、これもまた面白そうな感じ

ろくろではお茶碗や湯飲みのようなものしか作れないらしいのだけど、カップルの女の子が『角皿が作りたい~』とボケ。
先生が『ろくろじゃ作れませんっ』と突っ込んで、即席漫才。
このカップルは奈良から来たらしいのだけど、このボケと突っ込み、やっぱ関西人だから

体験中の間にいくつか作って、そのうち気に入ったものを焼いてくれる方式みたい。
このカップルさんたちは2時間ぐらいの間に10個ぐらい作って、女の子のほうは全部焼いてもらうって言っていました。


日もすっかり沈んで16時半過ぎ。
私たちも何とか出来上がりました。

こちらが私の製作したもの。

信楽陶芸教室15   信楽陶芸教室16

壁掛けとお茶碗2つとオブジェ3点。
お茶碗は左が私ので右が旦那クンの。
オブジェはベーグルとフランスパンと蝶を作りました。

そして旦那クンが作り直したポン・デ・ライオン。

信楽陶芸教室17

室内が薄暗くなってしまっていたので、ピントが違う場所に当たってしまったことに気がつかなかった。。

焼き上がったら送ってもらうことにしたのだけど、出来上がりは大体一ヵ月後とのこと。
年内には届くかな~
初回と比べたらまぁまぁ思ったように出来たので、ルンルン気分で駅に向かいました。


17時過ぎの電車に乗り、18時半前におうちへ到着。
順調に乗換えが出来れば、信楽はそんなに遠くない~
この時間から食事の用意をしても十分間に合うので、早速作ったお茶碗を使ってみましょうか

信楽陶芸教室①~再び~

昨夜、喉の調子がイマイチ…と言っていた旦那クン。
今日起きて食事を済ませた後に検温してみたら37度。
一応仕事に行ったけど、結局夕方には帰ってきて再び検温してみたら38.3度。
とりあえず発熱だけなのでノロや腸炎ではなさそうだけど、酷くならないといいなぁ。。


ずいぶんと時間が経ってしまいましたが、11月27日に信楽へ行って来たときのことをお話させて下さい。


11月上旬に陶芸教室を体験してきた私たち。
出来上がりは1ヵ月後と聞いて楽しみにしていたのですが、ある日突然電話があって旦那クンの作品が焼いている最中に『壊れた』とのこと。
そこで作り直しをするため、再び信楽に向かうことになったのです。

初めて信楽に行ったのは陶器市の時。
その時体験できなかった陶芸体験のために行ったのが前回。
その後は春ぐらいまで当分行くことはないだろうって思っていたのに、まさか早々に3回目が訪れるとは。。

3回目のこの時も、1度目2度目と同じ時刻におうちを出発し、同じ時間の信楽鉄道に乗りました。

今回も良いお天気です

信楽陶芸教室1


この日は特にイベントもなかった(はず)なので、てっきり電車はガラガラかな~と思いきや、リュックを背負ったおじいちゃんたちがいっぱい。
でも様子からするとなにやら団体さんっぽい感じ。
趣味で山登りをする人たち、みたいな感じでした。

電車はゆっくりと山を越えたあたりから無人駅が登場し始めます。

信楽陶芸教室2

前回は車両の一番前に乗ったけど、今回は一番後ろ。
これが通ってきた道です。
線路の反対側は山。
もうすっかり落葉してしまっている木もありますね。

今回乗り込んだ電車の天井にはこんなものが。

信楽陶芸教室3

当初、信楽っててっきり『信楽市』だと思っていたのだけど、正しくは滋賀県甲賀市信楽。
そう、『伊賀』『甲賀』で有名な忍者の里。
なので天井に忍者の影絵のようなものがあったんです。
そういえばからくりがいっぱいの忍者屋敷みたいなのがないのかな~

到着した信楽駅は、およそ1ヵ月後に迫ったクリスマスの飾りつけ

信楽陶芸教室4   信楽陶芸教室5

右側のツリーは駅の真ん中にあるのだけど、5mぐらいありそうな立派なもの。
下の重石の部分がプレゼントになっている心遣いがなかなか心憎い演出です

外に出ると、大きな菊の花が見事に咲いていました。

信楽陶芸教室6

イベント関係ってついつい先取りしちゃうけど、その時期・季節に合ったものが楽しめるお花ってこうしてみるといいもんだなぁ

駅前の道を真っ直ぐ歩いていくと、市役所の隣にあるイチョウの木がかなり落葉しているのが目に入りました。

信楽陶芸教室7

信楽の秋はもうすぐ終わりを告げそうです。


少し前に手が滑って欠けてしまったお皿と同じものを購入して、陶芸教室以外の用事はこれで終了。
10時半過ぎ、のぼりがまねんどさんにお邪魔しました。

先生が『焼いている最中に割れてしまったから、中断して取り出したんです』と言って見せてくれた問題の作品がこちら。

信楽陶芸教室8

頭の部分が重くて胴体から取れてしまい、その際にたてがみの部分が壊れてしまったんだそう。
ポン・デ・『ライオン』というより、胴体を見る限りは何だか『豚』っぽい。。。

旦那クンは先生と生徒さんから熱いアドバイスを受けた後、作り直し始めました。
前回旦那クンが自由に作っていていいな~って思ったので、私もオリジナル作品作りです。

1時間半ぐらいかかって出来上がったのがこちら。

信楽陶芸教室9

バラのついた壁掛け。
食器は対称にしたり均一したりにしたりと気をつけながら作らないと変だけど、こういう自由な作品は気兼ねなく作れていいな~

旦那クンは隣で、ポン・デ・ライオンの頭が出来上がりつつある頃。

信楽陶芸教室10

今回は見本として、おうちのポン・デ・ライオンを連れて行きました。
何だか遠くから見守っているように見えます。。


時計はそろそろ14時近く。
いい加減お腹が空いたので、お昼ご飯にすることにしました。

信楽陶芸教室11

11月は散財していたので、節約のためにもお弁当を作ろうと考えました。
でも、一体どこで食べようかって考えていたのだけど、近くに公園のような場所がないか地図で探しても見つかりません。
陶芸教室の片隅で食べるしかないかなぁ…と考えたら、手軽に食べられるおにぎりかサンドイッチしかないなって思って、サンドイッチを作って行ったのです。

Cpicon ベーコンエッグトーストサンド☆ by ななは778

栄養バランスを考えて、トマトとレタスも挟んだスペシャルバージョン
案の定、これ一切れでお腹いっぱいになりました。
食べ終わった後もゴミとなったラップのみなので楽チン
以前から「お弁当を持ってどこかに行きたいね~」なんて話していたのだけど、それがまさにこれになるとは。。(笑)

少々落ち着かない食事を終えた後、続きを始めました

神戸ルミナリエ③~夜の神戸~

今日の天気予報は『曇り』
だけど黒い雲と垣間見える青空で変なお天気。
買い物に行こうとしたらほんの少しだけ雨がパラついたのだけど、気にせず出掛けたら目の前に大きな虹が見えました
そういえば1年ぐらい前にも虹のネタで記事を書いたなぁ…なんて懐かしくなっちゃいました


さて、前回の続きです


ルミナリエ会場を後にし、街中を目指して歩いていると、たくさんの人たちが大きな建物の中に入っていくのが見えました。
何の建物かと思ったら、神戸市役所。
近代的な造りでとても大きなビルだったのでちょっとビックリ。
せっかくだからトイレをお借りしようと中に入ることにしました。

トイレを済ませて外に出ようと思ったのだけど、警備員がエレベーターに乗る人を案内していて。
どうやら上は展望台になっているみたい。
せっかくだからということで、私たちも昇ってみることにしました。


エレベーターは高速なので、あっという間に展望階へ到着~

フロアの片隅では神戸土産も売られていてビックリ。
観光客ウェルカム~なのね(笑)

大きな窓から外を覗くと、神戸の夜景が一望できました。

夜景1

真ん中に見える光の王冠のようなものがルミナリエ会場にあった『光の砦』
その左手に点在するのが『光の交差』
手前に見えるのが鐘を鳴らしていた場所。
右手には回廊も見えます。
夜景に露光をあわせると、ルミナリエの作品が明るすぎてつぶれちゃってますね

この先にはどうやら海があるようでした。

ルミナリエ会場から右手に見える夜景。

夜景2

回廊がずっと続いているのが見えますね。

真ん中のほうに青く見えるのは観覧車。
レジャー施設があるのかな
その手前に見える緑色のは何だろう~

夜景を見ながらフロアの中を移動していたら、こんなものがありました。

夜景3

夜景の説明ですが、読めるかな
左の下の方には、ここに来る前に見えた『KOBE 2010』の説明もあって、どうやら山側に色々見えるみたい。

そんなわけで山側に回って覗いてみます。

夜景4

確かに遠くに3つ見える~

アップにしてみたけど、分かりますか

夜景5

真ん中に見えるのは、神戸の市章で旧かな使いでカウベの『か』の文字からデザインしたものだそうです。

今回神戸はちっとも観光していないけど、じっくり観光すると楽しそう。
時計を見ると21時過ぎ
夜景を楽しんだので、晩御飯に向かうことにしました。


当初予定していた台湾料理のお店。
行こうと思ったらまたも営業時間終了。 ついてないなぁ
チェーン店も淋しいので、南京町に戻りました。

南京町の繁盛する時間帯はまだまだだと思って向かったのだけど、到着してみたらあちこち既に店じまい。
想像以上に早くてビックリ
でもまだ営業中のお店もいくつかあるので、適当に歩いて入店しました。

せっかくだから半分こしようということで食べたいものを2つチョイス。
頼んだのはジャージャー麺とエビマヨ定食。

ジャージャー麺   エビマヨ

掲載するのをためらったぐらいなので、写真をわざと小さく載せてますが。。。

このお店、はっきり言って大失敗
ジャージャー麺は麺の味もこれと言って特徴もないのだけど、肉味噌の味はぼやけててメリハリのない味。
エビマヨ定食は結婚してから食べたものワースト2って言うぐらい最悪。
ご飯は時間が経っていて色も嫌な臭いも付いていてパサパサ。
スープはあんかけかと思うぐらいとろみが付いているけど、私が適当に作ったほうがまだマシって程。
サラダもなんだか大根のツマかと思うような貧弱さ。
そしてそして主役のエビマヨは、エビは普通だったけどホワイトソースと見間違うぐらいマヨがたっぷり。
マヨラーの旦那クンでさえ、1個食べて箸をおいたぐらい。

とりあえずせっかくだからと食べたけど、駅に到着した頃にはあまりの脂っこさに既に胃もたれ。。
も~~~最悪!!!
これならチェーン店でハンバーガーでも食べた方が良かったと激しく後悔する2人。
店内でも美味しそうに食べていた人は誰もいなかったけど、南京町では美味しいお店は営業時間が短いという教訓を得ました。。。
店名は覚えていませんが、南京町で食事をする方ご注意下さい。。。



初めて行った神戸ルミナリエ。
想像していたものとは違っていたし、念願叶ったのでもう満足かな。


阪神・淡路大震災の犠牲となった人たちの鎮魂と神戸の復興・再生のために行なわれているイベント。
これからも続いていくことをお祈りします。
時計
プロフィール

ななは

Author:ななは
関東生まれの関東育ち☆
2009年7月より滋賀在住
8歳年下の旦那クンと2人で仲良く暮らしてます✿

ずぼらでおっちょこちょいなO型さん

初の県外居住のため、カルチャーショックな日々です(笑)

料理&お菓子作り、雑貨、おしゃべり、簡単、旅行(欧州・台湾)、世界遺産が好きなチョコレー党☆

最近はフランスパン作りと写真にハマり中✿

お料理サイトCOOK PADにもキッチン開設してますが、そちらで書けなかった事を書いていけたらと思っています。

どうぞ気軽におしゃべりしていって下さいね♬

コメント&トラックバッグについては、記事と無関係なものや文字化けしているもの、不適切と判断したもの等断りなく削除させていただくことがあります。
どうぞご了承下さい。
また、ブログ内の写真等の無断転載は固くお断りいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
お小遣いサイト
現在登録しているポイントサイトやアンケートサイトです☆ オンラインショッピングや検索、アンケートなどでポイントが貯まりますよ♪
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱 お得なポイント貯まる!ECナビ マクロミルへ登録
旅行サイト
こちらの旅行サイトに私のブログが掲載されています♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。