関東から滋賀に引っ越してがらりと変った新生活☆ カルチャーショックなど何気ない出来事やつぶやき、食べ物etc…いろんなものが私のあしたをつくる 大好きな旅行やお出掛けをメインにいろんなものをつづっています✿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸ルミナリエ③~夜の神戸~

今日の天気予報は『曇り』
だけど黒い雲と垣間見える青空で変なお天気。
買い物に行こうとしたらほんの少しだけ雨がパラついたのだけど、気にせず出掛けたら目の前に大きな虹が見えました
そういえば1年ぐらい前にも虹のネタで記事を書いたなぁ…なんて懐かしくなっちゃいました


さて、前回の続きです


ルミナリエ会場を後にし、街中を目指して歩いていると、たくさんの人たちが大きな建物の中に入っていくのが見えました。
何の建物かと思ったら、神戸市役所。
近代的な造りでとても大きなビルだったのでちょっとビックリ。
せっかくだからトイレをお借りしようと中に入ることにしました。

トイレを済ませて外に出ようと思ったのだけど、警備員がエレベーターに乗る人を案内していて。
どうやら上は展望台になっているみたい。
せっかくだからということで、私たちも昇ってみることにしました。


エレベーターは高速なので、あっという間に展望階へ到着~

フロアの片隅では神戸土産も売られていてビックリ。
観光客ウェルカム~なのね(笑)

大きな窓から外を覗くと、神戸の夜景が一望できました。

夜景1

真ん中に見える光の王冠のようなものがルミナリエ会場にあった『光の砦』
その左手に点在するのが『光の交差』
手前に見えるのが鐘を鳴らしていた場所。
右手には回廊も見えます。
夜景に露光をあわせると、ルミナリエの作品が明るすぎてつぶれちゃってますね

この先にはどうやら海があるようでした。

ルミナリエ会場から右手に見える夜景。

夜景2

回廊がずっと続いているのが見えますね。

真ん中のほうに青く見えるのは観覧車。
レジャー施設があるのかな
その手前に見える緑色のは何だろう~

夜景を見ながらフロアの中を移動していたら、こんなものがありました。

夜景3

夜景の説明ですが、読めるかな
左の下の方には、ここに来る前に見えた『KOBE 2010』の説明もあって、どうやら山側に色々見えるみたい。

そんなわけで山側に回って覗いてみます。

夜景4

確かに遠くに3つ見える~

アップにしてみたけど、分かりますか

夜景5

真ん中に見えるのは、神戸の市章で旧かな使いでカウベの『か』の文字からデザインしたものだそうです。

今回神戸はちっとも観光していないけど、じっくり観光すると楽しそう。
時計を見ると21時過ぎ
夜景を楽しんだので、晩御飯に向かうことにしました。


当初予定していた台湾料理のお店。
行こうと思ったらまたも営業時間終了。 ついてないなぁ
チェーン店も淋しいので、南京町に戻りました。

南京町の繁盛する時間帯はまだまだだと思って向かったのだけど、到着してみたらあちこち既に店じまい。
想像以上に早くてビックリ
でもまだ営業中のお店もいくつかあるので、適当に歩いて入店しました。

せっかくだから半分こしようということで食べたいものを2つチョイス。
頼んだのはジャージャー麺とエビマヨ定食。

ジャージャー麺   エビマヨ

掲載するのをためらったぐらいなので、写真をわざと小さく載せてますが。。。

このお店、はっきり言って大失敗
ジャージャー麺は麺の味もこれと言って特徴もないのだけど、肉味噌の味はぼやけててメリハリのない味。
エビマヨ定食は結婚してから食べたものワースト2って言うぐらい最悪。
ご飯は時間が経っていて色も嫌な臭いも付いていてパサパサ。
スープはあんかけかと思うぐらいとろみが付いているけど、私が適当に作ったほうがまだマシって程。
サラダもなんだか大根のツマかと思うような貧弱さ。
そしてそして主役のエビマヨは、エビは普通だったけどホワイトソースと見間違うぐらいマヨがたっぷり。
マヨラーの旦那クンでさえ、1個食べて箸をおいたぐらい。

とりあえずせっかくだからと食べたけど、駅に到着した頃にはあまりの脂っこさに既に胃もたれ。。
も~~~最悪!!!
これならチェーン店でハンバーガーでも食べた方が良かったと激しく後悔する2人。
店内でも美味しそうに食べていた人は誰もいなかったけど、南京町では美味しいお店は営業時間が短いという教訓を得ました。。。
店名は覚えていませんが、南京町で食事をする方ご注意下さい。。。



初めて行った神戸ルミナリエ。
想像していたものとは違っていたし、念願叶ったのでもう満足かな。


阪神・淡路大震災の犠牲となった人たちの鎮魂と神戸の復興・再生のために行なわれているイベント。
これからも続いていくことをお祈りします。
スポンサーサイト

神戸ルミナリエ②~光の彫刻と鎮魂~

今日は年賀状を全て書き終えました。
旦那クンは自分の分を自分で作ると言っているけど、まだ真っ白状態。
大丈夫かねぇ。。


近頃あれやこれやと思い悩むこと色々。。
現実逃避できるものならしてしまいたい。。。(涙)


気分を変えて、前回の続きです

以前から一度は観てみたいと思っていていたルミナリエ。
こちらの作品は『喜びのポルターレ(扉)』 高さは20mもあるそうです。

ルミナリエ1

遠くから見ると、まるでお城のような光のアートでした。

そもそもルミナリエとは、阪神・淡路大震災で亡くなった人たちの鎮魂と都市の復興・再生のために始めたもの。
私はそれを知らずに来たのだけど、募金を求める人たちの存在でルミナリエの主旨を知りました。
そんな神聖な意味がこめられていたとは。。


あまりにも明るくて、二人とも何度も露光を調整したり構図を変えたりして何枚も何枚も撮影。
10枚近く撮影したので、さすがにいいかな~と納得し、先に進むことにしました。

ルミナリエ2

こちらは『光の波動』
光のアートは、大きな建物を両端にはさみ、間の道路で回廊になっている様子。

そして、入口付近では『立ち止まらないで下さい』と散々怒られたけど(笑)、それを過ぎてしまえば止まる事はOKです。
ただし、逆走は禁止。
それゆえに何度も何度もシャッターを切りました。


普通イルミネーションというと、木や電柱などにコードでつながれた電飾をや電球を施したりしているけど、ルミナリエはこのように板や棒状のものに電球を固定してあります。

ルミナリエ3

キレイではあるのだけど…。。。
なんだか氷のようなお城のような、ロボットのような無機質な感じ。
もっと人の手のぬくもりを感じるものを期待していただけに、少し冷たい気がしました

デザインのせいか、時折氷の結晶を見ているような感じ。

ルミナリエ4


歩いていると、ところどころで肉まんやから揚げなどを売る出店が出ていたりしてちょっと興ざめ。。
もっと純粋に観賞に浸りたいのに。。。

せっかくなので、動画を撮ってみました


平日の夜と思えない混雑ぶりですね。


これが通路の最後。
もうこれで終わりなのかな?と思ったら、この先にはひと際明るいものが。

ルミナリエ5

人の波もそちらに向かっているので、私たちもついていくことにしました。


階段を上って到着したのが東遊園地。
左手にはずらりと並んだ出店の行列。
こちらもルミナリエの会場のようです。

人の波も凄いけど、右手に光り輝くイルミネーションはまるで光のお城のよう。
この作品は『光の砦』 全長は160m。

ルミナリエ6



人間の高さの何倍もあるような大きなイルミネーションの造形物。
す、凄いっ

ルミナリエ7



中に入ると、夜とは思えないぐらいの明るさで、人の顔さえはっきりと見えるほど。

せっかくなので、1周ぐるりと撮影してみましたよ


メチャクチャ明るい~~


大きなBGMの中、奥に進んで行くと、まるでメリーゴーランドのような屋根をした記念堂がありました。
『光のカッサ・アルモニア』

ルミナリエ8

鐘を鳴らすような音が聞こえるので、てっきりBGMとして鳴らしているのかと思っていたのだけど、観ていると違うよう。
どうやら格子をよじ登った人たちが、中心部分に飾られた鐘をめがけてお金を投げつけていたんです。。
ルミナリエは寄付金によって毎年運営されているようなのだけど、お金を『鐘を鳴らすため』に『投げつけている』って言うのはあまりにも酷い光景にしか私には見えず。。
とてもがっかりした気持ちでその場を去りました。。。


東遊園地の噴水広場には、このような灯りが。

ルミナリエ9

どうやらこちらは鎮魂を目的とした企画の様子。
暗くてあまり良く分からなかったので、早々にこの場を去りました。

そしてこちらは本来の鎮魂のための灯り。

ルミナリエ10

私は関東で生まれ育ったけど、震度3~4の地震があるのは日常茶飯事。
平均するとひと月に2回ぐらいはあるかな。
そんなわけで関東の人たちは地震に慣れっこだけど、滋賀に引っ越してからあった地震はたったの1回のみ。
関西がいかに地震が起きない地域なのは分かったけど、それが1回分まとめて大きな地震となって惨事をもたらしたのなら…
せめて小分けにして被害なんてなければ、誰も悲しまなくて良かったのに。。。
そんな風に思わずにいられませんでした。


こちらの作品は『光の交差』

ルミナリエ11

水面に映ってキレイですね

それにしても光の砦はメチャクチャ明るい~

ルミナリエ12


大体見たようなので、会場をぐるりと回りながら帰ることにしました。

出店の横を通り過ぎると、神戸ワインの試飲発見。
せっかくなので二人でお味見です

神戸ワインもなかなかだわ~と味わいながら見渡すと、こちらにもイルミネーションが。

ルミナリエ13

そして左の方ではなにやら人が集まっています。

よく観てみると、お金を払って順番に鐘を鳴らしている様子。
せっかくなので、動画に収めてみました。


なかなか良いタイミングで動画に収めるのって難しいですね


時計を見ると20時半過ぎ。
そろそろ晩御飯にでもと会場を後にしました。

街中に出てふと遠くを見ると、こんなイルミネーションが。。

神戸へ8

さりげなくだけど、なかなかやってくれます(笑)


街中を目指して歩き出しました

神戸ルミナリエ①~中華と神戸~

昨日はブランチの用意をしていたら、うっかり指を切ってしまいました
ちょうど親指の関節だし、触るとまだ痛みが。
うう。。セツナイ。。。
おかげで昨日窓掃除をしたけど、ばい菌が入ったら困るので旦那クンにほぼまかせっきり
こういうときはホント、有難いですね


今日は病院に行ったり郵便局に行ったりと忙しかったけど、健康診断の結果も出たし、荷物の発送も済んだしひと段落
ただ、検査の結果、どうやらもう少し甘いものを控えた方が良さそうで。。
最近晩御飯後のデザートが定着しつつあるので、見直さなきゃならないかも


京都への紅葉狩りのあと、お出掛けネタが2つほど待機中なのですが、時期的にこちらのお出掛けを先にお話させて下さい。


12月ともなると、あちこちで話題になるのがイルミネーション
関西で有名なイルミネーションといえばやっぱり神戸のルミナリエ
去年も行こうかという話が出ていたものの、旦那クンの仕事が激務で断念
今年は何とか都合が付きそうだったので、8日に行くことにしました

おうちから電車に乗ると、神戸まではおよそ1時間半。
観光もちょっぴりしたかったけど、先月遊びすぎたので自粛。。(笑)
そんなわけで昼間は仕事に行き、夕方からの出発。
途中退勤ラッシュにもまれながらも、19時ちょうどぐらいにJR元町駅に到着しました。

駅の中から凄い人だらけだったけど、駅の外に出てみると更に凄い人・人・人。
横断歩道を渡るためにロープが張られ、ガードマンまでいる始末。
恐るべし。。。

神戸へ1

横断歩道を渡りきったところで写真を撮ったけど、さすが神戸。
駅に隣接する交番もなんだかお洒落です。


みんなゾロゾロと会場の方へ向かっているけど、私たちはこの日ご飯を食べたのが早かったのと、時間も時間だったので色気より食い気。
近くには中華街もあるので、そちらで少しお腹を満たしてから会場に行こうということになりました。

道の途中で群がっていたキャベツ焼のお店。

神戸へ2

大阪の街中などを歩いていると、時々見かける『キャベツ焼』
私はまだ食べたことがありません。

どんな感じかな~ってつい覗き見。

神戸へ3

粉の層の上にキャベツと卵。
多分、広島焼の麺が入らないバージョンみたいな感じかな
お店の人が真剣な表情で手際よく焼いていました。


駅から5分ほど歩いて南京町へ到着~

中華街1

コーラの自販機の隣にいるパンダが可愛い

私は中華街の中のお店を特に調べなかったけど、旦那クンは目星をつけたお店がある様子。
お任せでついていくことにしました。

人の波を掻き分けて南京町の中心辺りに行くと、中国らしい雰囲気満載のオブジェが。

中華街2

実は10年ぐらい前に一度だけ来た事があるのだけど、雰囲気を味わった程度なので殆ど覚えてなくて
でもこの辺りは薄っすらと記憶にあって、なんだか懐かしい

この近くにお目当てのお店があったのだけど、行ってみたら店じまい中。
改めて営業時間を確認したら、18時半までだったみたい。 残念
仕方がないので、適当に食べ歩くことにしました。


南京町の中はそれにしても人がいっぱい。
みんなルミナリエに行かなくて平気なのと心配になってしまうぐらい。。

中華街3


あちこちの店頭に美味しそうな点心がたくさん並んでいます。
中華街といえばやっぱ肉まんよね~ってことで肉まんゲット。

中華街4

コンビニで売っている肉まんよりちょっと小ぶりだけど、中に詰まっているのはしっかりとした存在のお肉。
肉まんの具を食べているというより、しっかりお肉を食べている感じで美味しい
やっぱこの時期、外で肉まんを頬張るのは天国ですね~

北京ダックもありました。
こうなっていると『美味しそう』というよりちょっとグロテスク

中華街5


こちらのお店では、揚げパンとゴマ団子を購入。

中華街6   中華街7

左の揚げパン(油條=ヨウティアオ)は大好きな台湾だと朝食で食べたりするもの。
食べ歩きをしている人を見かけたので、お店を探して購入しました。
わくわく~でかじってみたけど、冷えていて脂っこいし、味もなし。
これは温かい豆乳と食べないとダメだと悟った2人。。

ゴマ団子は旦那クンが食べたくて買ったけど、やっぱり『冷えていて脂っこかった』そう。

南京町を食べ歩くなら、温かい出来立てのものを選ぶのが懸命のようです。


神戸の中華街といえば…で思い出したのがこのお店。

中華街8

写真が上手く撮れなかったけど分かるかな~
ウェイパーでおなじみ、廣記商行
店頭でウェイパーの紹介ビデオを流していたけど、普通に中華食材店みたいな雰囲気。
何となく入りにくい感じがして、結局写真を撮っただけになりました。


とりあえず空腹は収まったので晩御飯は後々食べることにし、南京町を後にしました。

駅の方へ戻ると途中で道案内の看板があったので、人の流れに沿って道を歩きます。

神戸へ4

街の中を普通に歩いていく感じなので、この方向であっているのか少し不安に。
でもみんな歩いているんだから大丈夫だよね…

途中、ドイツ菓子のお店ケーニヒス クローネ発見

神戸へ5

ちょっと覗いてみたい気持ちがあったけど、時間も遅くて品切れがある感じだったので素通りです

人の塊がごっそりと動き、途中不安に思いつつ、大きなデパートの横を通過。

神戸へ6

大きく人の流れを作ったり、一時的に足止めをさせたりして、渋滞になるのを避けている工夫のようでした。


15分近く歩いて、目に飛び込んできたのはまばゆいばかりの光の彫刻

神戸へ7

ルミナリエ会場に到着です。
想像以上の大きさと明るさに思わず息を吸い込みました。


『混雑を避けるため立ち止まらないで下さい』とスピーカーから注意が聞こえるけど全員無視(笑)
そりゃそうだ(笑)

せっかく来たんですもん、申し訳ないけど、たっぷりと写真に収めなきゃね

桜便りと兵庫観光⑤~お買い物&明石~

気がつけば世間はGWに突入しましたね。
うちはあまり関係ないので、旦那クンは普通にお仕事。
皆さんのお宅はいかがですか~

GWの予定は特に決めてないのですが、1日に映画を観に行くことになりました
特にこれといって観たいと思っていたものはないのだけど、せっかくの映画の日だし、指輪のサイズ直しもしたいのでついでに…って感じ。
去年旦那クンに買ってもらった指輪がそろそろ1年になります。
車を手放したら太るかなって思って少しゆるめに直してもらったのだけど、引っ越したら逆にやせてしまって
石の部分も手のひら側に回ってしまうことも多いので、直してこようと思います。


長々と書いていたお花見の話題、ラストスパートで行っちゃいます


姫路城を後にし、せっかくだから姫路のスーパーを覗いていこうと、来た道と反対側の道路を歩いていきました。
駅からまっすぐ続く姫路城への道は、片側が商店街になっている様子。
行く時は違う側の道を通ってしまったので、信号を渡って入っていきました

アーケード状になっている商店街にスーパーを発見
もちろん目指すはお肉コーナー
姫路にはあるのかなぁ…と見てみたら、見つけちゃったラム肉~~
くそ~~姫路に住みたい
薄切り肉と焼肉用があったので、薄切り肉を3Pカゴに放り込みました。
他に何か面白いものがあるかな~と歩いていたら、見たこともないピンク色のお豆腐を発見
幸いにも保冷バッグを持参していたので、こちらも買うことにしました。
どんな味だろう 興味津々です。

スーパーの他にいくつかデパートにも入り、お惣菜コーナーでたくさん売られている『イカナゴの釘煮
本場の明石で仕入れるつもりでいたので、後ろ髪を引かれつつ何度も後にしました。
そして、姫路の先にある赤穂。
赤穂と言えば塩が有名だけど、赤穂までのアクセスはJRではないのでかなり時間がかかる感じ。
姫路で赤穂の塩が買えるかなって思ったけど、売られているものは近所のスーパーでも良く見かけるものしかなかったので、こちらは諦めることにしました


時計を見れば既にお昼過ぎ。
いい加減空腹の限界が過ぎていたので、駅前にある焼きたてベルギーワッフルのお店『マネケン』で4月限定のいちごワッフルを半分こ。
焼き立てで表面さっくり、中がふんわりした生地にフレッシュのイチゴが入ってていい感じ
マネケンはお引越ししてから知ったお店だけど、焼き立てでとっても美味しいんです
クックでワッフルのレシピを見るたび、マネケンのお店を見つけるたび、ワッフルメーカーが欲しいと思ってしまう私
頻繁に食べるものではないのですけどね(笑)

ある程度お買い物も済んだし、電車に乗り込みました
今度も座れてラッキー

次に目指したのは明石。
姫路への経路を地図でたどっていたら、その途中にあったのが明石。
仲良くして頂いているAYAさんが明石の魚の棚に行ったと言う記事を見て、これだ
明石と言えばタコ
旦那クンはタコ好きだし、明石焼も食べたことがなかったのでこりゃ行かねば
駅前の案内板を見て歩き、魚の棚に到着

魚の棚


『うおのたな』って読むんだと思っていたら、どうやら『うおんたな』って読むらしい。。
小さなお店もいっぱい見えるのでテンションが上がります


にぎわい中


中は平日の昼間だと言うのにこのにぎわい。
アーケード状になっていて、左右に小さな商店が並んだお魚専門の商店街のようです。

まずはどんなお店があるのか端から端まで歩きましたよ
鮮魚あり乾物あり飲食店あり。
八百屋さんなんかもあるけれど、魚の棚では何だか変な感じ
途中威勢のいい店員さんに何度も「味見してって」って言われ、そのたびについ足を止めちゃう旦那クン。
私は試食したら商品を断るのに気が引ける気がして、だったらと最初から食べないようにしてるんだけど、旦那クンは一切気にする様子もなく。
いつもこんな感じで歩くので時間がかかります

お腹がすいたから明石焼食べたいー
お店も吟味しているうちに、さっきまで行列だったお店『多幸』が空いたので迷わず即入店。
初めて食べることになる明石焼ってどれぐらいのボリュームか分からなかったけど、空腹だったので2人前をオーダー。
タイミングが良かったのか、あまり待つことなく運ばれてきました。

明石焼


1人前15個。ちょっと多いかなって思ったけど、2人で半分こするには少なさそう。
テーブルに食べ方も書いてあって、それに習って食べてみることにしました。

まずはそのまま。
ふわふわの卵焼きの中にタコが入っていて、柔らかな口当たり。お出汁もきいてて、たこ焼きとはまた違った味。

次におだしの中に薬味の三つ葉を入れ、明石焼を浸して。
お出汁の味わいが口の中に広がります。
お吸い物ぐらいの塩加減なので、それだけ飲んでも十分美味しい

次は抹茶塩と共に。
さっぱりとした味わいになり、抹茶も邪魔をしないアクセントに。

そして最後はお出汁の中に抹茶塩も入れて。
塩加減が強くなるけど、お出汁と抹茶のコラボがまた違ったハーモニーになりました。

…とはいえさすがに15個は多過ぎて、私は9個でギブアップ。
旦那クンも3個残り、残った分はお持ち帰りさせていただきました。
どうもご馳走様でした


お魚の市場に来たなら、何かお魚を買って帰ろう
ここ明石は海が目の前。
海まで5分の近距離らしく、お昼少し前に水揚げされたお魚がすぐせりにかけられ、正午には店頭に並ぶのだとか。
それを『昼網』って呼ぶんですって。
そんなに鮮度のいいお魚が入手できるならば買わねば

タコを買おうか、鯛を買おうか店先で議論したのだけど、生きているタコなんて買ったことがない私。
旦那クンはそのまま切って食べられると思っているようだけど、確かヌメリとりなどの下処理をしなければならなかったはず。
子持ちのイイダコなんかも売られていたけど、生きているタコとかイカってどう下処理をすればいいんだ
確か塩で揉んで…って聞いたような気がするけど自信もないし。。。

晩御飯は神戸の中華街に行こうかなんて話していたけど、お魚を買ったら鮮度の問題も気にかかる。
煮たり焼いたりするなら多少は安心だろうけど、鮮度が良い魚はやっぱりお刺身に限ると旦那クンが主張。
どうするか店先で10分近く悩んで議論して、買った後は直帰することにして合意しました。
旦那クンの希望で、昼網の鯛を購入
お店の人がおろしてくれると言うので、柵と切り身…ってお願いしたら、二枚おろしまでしか出来ないとの事。
出刃包丁持ってないって主張したけど、「私もよ」と言われてしまい、仕方がなく二枚おろしで妥協しました。
渡されたのは鯛を二重に入れたビニール袋にスーパーの袋のみ。
保冷剤も何もなく、夏場で遠出の人だったら確実に痛む。。。
魚の棚ってもともとは地元の人が利用するようなところなのかも。


朝が早かったので、そろそろ疲れも薄っすら出てきました。
明石駅で電車を待っていると、ホームの向こうにお城を発見

明石城!?


もしやこれは明石城って思ったけど、明石城は跡地でしかないらしい。
旦那クンは倉庫だとか言うけど、真実はいかに。。。


車窓から


電車の窓からは淡路島が見えました。
本土に住んでいる感覚からすると、島って何だか不思議。
タイミングの問題で大きく撮れなかったのですが、コンビニの看板の後ろに見えるのが淡路島です。
淡路島も四国も行ったことがないので、ちょっと興味が注がれます


暗くなるのを覚悟で出掛けたけれど、お魚のおかげで明るいうちに帰ってきちゃいました。
今日は朝早く活動したけど、まだ一日も終わってなくて何だか得したような気分(笑)

晩御飯はおうちなので、疲れていたけど頑張ってご飯の準備を始めました。
主役はもちろん、買ってきたばかりの鯛です

鯛


大きさ比較のために軽量カップをおいてみましたよ
ちなみにコレで1,000円。
二枚おろしってことだったので身だけかなぁって思っていたんですが、頭の部分もおろしてあって良かったぁ
お亡くなりになってまだ時間が浅いのか、しっぽの部分がピンと立っててビックリ

アップ


目の部分もこんなに澄んでてキレイでしょ (グロテスクな写真だったらゴメンなさい)

この身半分をお刺身にし、あらの部分であら汁…って言っていたけど、疲れていたので簡単なお鍋仕立てにしちゃいました。


刺身&鍋


シソは買わなかったけど、一応大根のツマは作りました。
鮮度が凄い良かったせいか、うちの包丁では皮が全然引けないんです
皮の部分を左手で鷲づかみし、包丁も手が痛くなるぐらい握り締めて格闘すること10数分。。。
へとへとになった腕とあまり切れない我が家の包丁。
薄くそいでお花のようにも盛り付けてみたけど、あんまり上手くないですね

やっとの思いではがした皮や骨の部分は土鍋に放り込みました。
他には骨としっぽの部分。
残り野菜とお豆腐を入れ、お出汁でシンプルに味わう方向で。

これがですね、ホント美味しかった~
鯛とお出汁で十分すぎるぐらい味わい深くて。
最初普通にご飯を食べていたけど、途中から食べるのをやめて、結局雑炊にして汁も残さず頂いちゃいました。
お刺身も身がとってもきれいでプリプリ。
普段目にする鯛とは全然違うものでしたよ


他に買ってきたものも紹介しますね。
姫路で買ってきたのがこちら。

ラム&豆腐


ラム肉とピンクのお豆腐。
桜風味のお豆腐って凄く興味が湧きますよね
季節限定とは言え、姫路の人はこういうの食べているんだろうか。。。


イカナゴ


魚の棚で買ったイカナゴの釘煮。
お店によって味が違うのであちこち味見をしてから購入しました。
甘めだったり生姜の風味が弱かったり、硬い口当たりだったりといろいろ。
近所のスーパーで買ったものは生姜がピリリと利いていてかなりお気に入りの味付けだったけど、どこも少し遠い感じ。
しかも時期が経過しているので、イカナゴが育っています
おうちでも作ったぐらい気に入った釘煮。
どうせなら出回り始めの頃にまた魚の棚に行きたいなぁ~
これは実家のお土産に送ってしまったけど、気に入ってくれた様子。
『懐かしい味』って書いてあったけど、昔は関東でも手に入ったんだろうか


そして翌日、残った半身の鯛と桜風味のお豆腐を食べることにしました。

豆腐&塩焼き


鯛は二人で半分こするにはやっぱり小さかったけど、シンプルに味わうために塩焼きに。
旨味が凝縮されていて美味しかったです
鯛の頭の部分は、後日鯛めしにしなくっちゃ

お豆腐。。。こちらもシンプルに味わおうということで、冷奴にしてみました。
見た目からして違和感大なのだけど、口に入れると大豆の味わいと共にまさしく桜の風味が
美味しくないわけではないけど、もっと美味しい食べ方があるんじゃないだろうか。。。と思いつつ食べ進めました。

最後ふと思いついて、手作りの水ようかんならぬ、寒天の代わりにゼラチンで作ったあんこゼリーと一緒に食べてみたらこれが一番合う様子。
お豆腐スイーツってあるから、いっそのことお豆腐を使ったお団子にでもすればよかったなぁと後悔すれど時既に遅し
テーブルでの桜鑑賞はやや失敗に終わっちゃいました


盛りだくさんだった今年のお花見。
季節ごと、場所によって違う発見を今感じられることも幸せのひとつかなぁって思います

桜便りと兵庫観光④~姫路城 其の四~

気がつけば4月も今週で終わり、GWに突入なんですね。
早いなぁ。。

イタリアに住んでいた旦那クンも帰国して1年。
日本とイタリアの遠距離をしていた頃を思えば、関東と関西なんて目と鼻の距離みたいな感覚。
とは言えすぐに会えない距離は同じで遠距離をしていたけど、1年前はGWに予定していた欧州旅行の準備でワクワクしていた頃。
飛行機好きなので、また乗りたいなぁ~

近所のスーパーで一時、1玉350円だったキャベツ。
やっと出回ってきたのか、今日は200円に値段が下がっていました
冬キャベツは相変わらず300円でしたが、春キャベツ大好き
この時期にしか味わえない野菜なので、即買いでした。
皆さんがお住まいの方はいかがですか~


姫路城の桜の話題はやっと終わりが見えてきたので、前回の続きから張り切っていきます


出入り口から寄り道する感じで向かうは姫路城と反対側に行く道。
時計を見るとまだ10時半ですが、観光客も圧倒的に増えてきました。
緩やかな坂を上りながら振り返ると、増えてきた人の波と桜と姫路城

姫路47


気がつけば、私たちの年代の観光客は殆ど見かけず、年上の方たちや外国人ばかり
時間に縛られない旦那クンに感謝(笑)

坂を上った先は見事な桜いっぱいの庭園です

姫路48


う~ん、なかなか見事

姫路49


桜を見るなら、こちらの方が断然いいかもしれません

少し高台に上がって変わる目線。
姫路城に向かってカメラを向ける人多数なので、私も思いっきり寄って撮影してみましたよ


姫路50


よく見ると姫路城の瓦ってうっすら青いんだなぁ~
ブルーグレー、好きな色です


庭園の先に建物があったので入ってみることにしました。
こちらでも靴を脱いで中に入ります。

階段を上がって外を見ると、ところどころに工事の機材はあれど桜のアングルがなかなか良い感じ

姫路51


お天気のいい日に座って見上げたらとってもきれいだろうなぁ


私たちが入った建物は西の丸にある『百間廊下』
中書丸を守るため囲むように建てられた300m近い建物で、渡り櫓や、千姫お付きの女たちが住んでいた長局・千姫の身支度や化粧直しをするための化粧櫓からなっているそう。
中はシンプルにこんな感じです。

姫路52


部屋があって窓があって外が見えると、ついついカメラを向けちゃいます(笑)


姫路53


天守閣との距離はこんな感じですが、木々があって、その向こうの方にそれでも高々とそびえる姫路城の大天守。
当時はここからお殿様が見えることもあったのかなぁ~

最初と最後の上がり降り以外ない平坦な百間廊下もこんな感じで外壁は真っ白です。

姫路54


石垣の上に立てられた百間廊下。
高さはこんな感じで結構高いです


姫路55


もう大体見るところは見たし、人も増えてきたし、姫路城はじっくり見られたし桜も見事だったし大満足

姫路56


最後に1枚大天守をカメラに収め、姫路城を後にすることにしました
時計
プロフィール

ななは

Author:ななは
関東生まれの関東育ち☆
2009年7月より滋賀在住
8歳年下の旦那クンと2人で仲良く暮らしてます✿

ずぼらでおっちょこちょいなO型さん

初の県外居住のため、カルチャーショックな日々です(笑)

料理&お菓子作り、雑貨、おしゃべり、簡単、旅行(欧州・台湾)、世界遺産が好きなチョコレー党☆

最近はフランスパン作りと写真にハマり中✿

お料理サイトCOOK PADにもキッチン開設してますが、そちらで書けなかった事を書いていけたらと思っています。

どうぞ気軽におしゃべりしていって下さいね♬

コメント&トラックバッグについては、記事と無関係なものや文字化けしているもの、不適切と判断したもの等断りなく削除させていただくことがあります。
どうぞご了承下さい。
また、ブログ内の写真等の無断転載は固くお断りいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
お小遣いサイト
現在登録しているポイントサイトやアンケートサイトです☆ オンラインショッピングや検索、アンケートなどでポイントが貯まりますよ♪
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱 お得なポイント貯まる!ECナビ マクロミルへ登録
旅行サイト
こちらの旅行サイトに私のブログが掲載されています♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。