関東から滋賀に引っ越してがらりと変った新生活☆ カルチャーショックなど何気ない出来事やつぶやき、食べ物etc…いろんなものが私のあしたをつくる 大好きな旅行やお出掛けをメインにいろんなものをつづっています✿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大自然とまだ見ぬ北陸の旅⑪~五箇山へ・世界遺産と家路へ~

とうとう近畿地方が入梅したようで、昨日の日曜日は一日雨模様
週末毎週のようにお出掛けしていたけど、今週は旦那クンと一緒に部屋の片付けをしたりゲームをしたりとゆったり過ごしました。
たまにはこんなのんびりした週末もいいですね

今度の日曜日は父の日
みなさん、プレゼントはもう決めました
私はまだ何をあげるか決めてないんです
うちの父はスーツ着るわけじゃないからネクタイは無理。
コレといって趣味もなく、スポーツするなんて聞いたこともなく、休みの日は庭いじりかTVを見るぐらい。
あげるものに悩むから困ります。。
参考までに……皆さんは何をあげるか教えて下さ~い


前回の続きです


村上家や和紙のお店などがある上梨を後にし、車を走らせて向かったのは相倉合掌造り集落(あいのくらがっしょうづくりしゅうらく)
23棟の合掌造り屋根が立ち並ぶ、世界遺産の集落です。

到着すると駐車場の目の前に、村全体が見渡せるベストスポットの案内があったので、まずそちらに向かいました。

ベストスポットへ


案内板だけは新しく、ちゃんと業者に作ってもらったような感じだけど、キレイに整備された駐車場とは全然違って道はこのように普通の田んぼ道。
平地ではないので、田んぼは段々になっているし道の両側には生い茂る草木。

相変わらず雨は降り止まないけれど、水はけは悪くないので足元はぬかるむほどではありません。
緩やかな勾配は段々ときつくなって、見下ろす風景も時々木々に隠れたり。
草だと思った植物はよく観ると成長した山菜だったりして勿体無いぐらい。
軽く息切れし始めた頃、どうやらベストスポットに到着したようです。

集落1


雨のおかげで霧が立ち込めた山がなんとも幻想的。
そして自分がどこにいるのか分からなくなるような、まるで昔話の中にタイムスリップしたような不思議な錯覚に陥ります。

見れば見るほど現実味のなくなってくる風景。
それでもこの田んぼの中で農作物の様子を見る人もいて、確実にこの地で生活しているのだと分かるのだけど、それでもすぐ現実から引き戻されてしまうような感覚でした。

集落2


この集落の合掌造りは全て100~200年前に建てられたものだそう。
遠くから見ると外観からミニチュアかジオラマと錯覚してしまいそうになるけど、道を歩く観光客たちを見るとそれがとても大きな建物だと分かります。


集落3


5月ももう終わりに近付いているというのに、春を告げる菜の花が咲き乱れています。
この日は雨のせいで気温が下がったものの、日中の気温は14度。
風がなかったのが幸いだけど、薄手の長袖を何枚か着込んでも寒いぐらいの気温。
ここ相倉の春の訪れはまだ始まったばかりのようです。

集落4


こんな中で普通に人が生活しているなんて凄く不思議な気がします。

ポスト


集落の中にあるポストは昔ながらのたたずまい。
茶色や黒、緑色しか見当たらない集落の中にポツンとあるこのポストの明るい色合いは浮いてしまいそうな気がすれど、きちんと溶け込んでいるのは昔ながらの形だからなのか、生活の一部として機能しているからなのか。。


集落5


左手にある妙な形の合掌造りは、現在は物置として使われているとのこと。
かつてはこれも住居だったなんて不思議な感じです。



資料館


こちらは集落の中に2つある資料館のうちの1つ。
中からはビデオの音声のようなガイド聞こえていました。
ちょっと興味もあったけど、時計は既に15時
帰る時間を考えて、こちらに入館はしませんでした。

集落の中にはいくつかの土産物屋さんや食事処、合掌造りの民宿も。
お店をちょっと覗いてそろそろ富山に戻ることにしました。



集落6


静かな山間に段々になった田んぼと、ひっそりとたたずむ合掌造りの家。
時だけが昔のまま止まっているかのような集落に、日々次々と訪れる観光客。
この集落の人たちは何を思い、どんな風に感じて暮らしてるんだろう。。

この暮らしを守り続けていることが幸せでありますように


来た道をUターンし、途中で立ち寄ったのは『喜平商店

豆腐店


こちらは縄で縛っても崩れない五箇山豆腐のお店。
「1つ下さい」といって買って帰ったのですが…それは後日にお披露目しますね
こういう生ものは最終日じゃないと買えないので、ここが最後で良かったぁ。



五箇山インターに向かう途中にある小原ダム。

ダム


水の色が青く澄んでいてキレイですね。
残念ながらずっと雨だったけど、いつまでも眺めていたい景色でした。


高速に乗り、順調に移動して富山市内へ。
ガソリンも入れ終わったのであとは返却するだけだけど、残り時間まであと1時間。
五箇山へ向かう前に見つけた小さなお魚市場に寄ってみることにしました。

竹勘』というますの寿司のお店に隣接したところで、店舗数は10足らず。
お客もホント少ないので、撮影にためらう感じ

何があるかな~と覗いたら、冷蔵庫の中に思わぬ出会いが

これか!


一昨日の夜に居酒屋で食べたゲンゲの干物。
干物になる前はこんなのだったのね
ちょっとグロテスクな姿からは想像出来ぬ軟弱っぽい姿。。
これほど印象が変わる魚も珍しいだろうなぁ

その隣には白エビとサスも。

白エビ&サス


白エビ、サス共に昆布〆があるのも見えますよね。
こんなにも色々加工しているのを見ると、富山は昆布の消費量が日本一って言うのに頷けます。

このお店のおじちゃんは商売っ気がなくて奥で時代劇を見ていたのだけど、じっくり吟味して相談しながら買い物をしたい私たちには、こういう姿勢って有難いな~
こちらで白エビと生のホタルイカを購入したのだけど、サービスで大きな保冷バッグに入れてくれました
ダイソーのタグがついていても嬉しいわぁ
残り時間も30分ぐらいしかなかったので、このお魚市場内で取り扱っていた竹勘のますの寿司を購入して店を出ました。

駅前でレンタカーを返却し、ホテルに預かってもらっていた荷物を受け取って駅へ。
乗る予定の電車は18時13分の特急しらさぎ。
今度は指定席を取ろうといってみどりの窓口に向かったのだけど、何故だか長蛇の列
駅の中の電光掲示板に見える運休案内のせいかな
駅前のスーパーに寄る暇があるのか
みどりの窓口とスーパーは逆方向なので、往復だけでも時間がかかりそう
買おうと思っていたお土産をまだ買ってないのに~~
旦那クンに荷物を預け、旦那クンはみどりの窓口、私は一人スーパーへダッシュ
前日にチェックしていた商品を片っ端からカゴに入れて買い物を済ますことおよそ5分。。
嗚呼…こんなんだったら前日にゆっくり買い物をして、ホテルの冷蔵庫に入れておけば良かったかも。。
何だか私たちっていつもこのダッシュするパターン

息を切らして旦那クンと合流したけど、指定席が埋まってしまっていたのは予想外の残念な結果でした
自由席は早い者勝ち。
さっき買ってきたますの寿司を食べるのに座れないのは厳しい~~ってことで少々焦りましたが、何とかギリギリ座れて一安心です


お昼がお蕎麦だったし、座れて安心したからかお腹がすいて来たので早々に晩御飯にすることにしました

晩御飯


電車が揺れているので、画像もブレててゴメンなさい
ますの寿司って1人で食べるにはちょっと多すぎるなぁって思っていたけど、それもそのはず
これでご飯2合分も使われているんですって
他におかずがないから食べちゃうけど、栄養バランス的には偏ってるので、さっきスーパーで買ってきたサラダも追加。

ますの寿司ってこんな風に笹に包まれているのだけど、付属のプラスチックナイフを使い、笹の上から切るのが正しいんですって。
旦那クンにそう教えられてやってみたけど、切り刻まれる笹の葉も出てくるので少々難しいです。。

こちらのお店のますの寿司はちょっぴり甘めの酢飯。
旦那クンは本来酢が苦手なのだけど、酢飯だけはちょっと利いているほうが好きらしく、残念ながら好みではなかったみたい。
私はこんなもんかな~と思いつつ、気がつけば半分近く食べてしまいました
後でお腹が空きそうな勢い。。。


ご飯を食べ終えて一息ついた頃、電車は金沢駅に到着したのだけど、予想をはるかに上回る大勢の人が乗り込んできました。
通路ですらも身動きが取れないぐらいで、まるで通勤ラッシュ時かと見間違うほどの乗車率。
どうやら富山駅で見かけた運休案内と関係していたのだけど、北陸から都内へ向かう特急列車が強風のために運休してしまったためのよう。
結局この状況のまま、東海道新幹線ひかり・こだまの停車駅、米原駅まで殆どの人が耐える羽目となりました
車内・構内放送であったけど、この乗った電車は東京行き新幹線の最終と乗り継ぐ電車だったので、特に混雑したみたい。
翌日は月曜日。
週明けから都内へ出張って言う人も大勢いたんだろうなぁ。。。

私たちもそこから在来線へ乗り換えて家路に向かいました。
滋賀県内に停車する特急はこれだけって、他に選択肢ないよね。。。


3日ぶりに帰宅した私たちを迎えてくれたのは、元気のなくなったアイビーと、茶色く変色したバラの花。。(話題はこちら
アイビーは枯れないようにと出発当日に水をあげたのが敗因、バラは水あげが悪くなっているのに気付かず、水を交換しただけだったのが敗因でした
私って植物育てるセンスがないのかなぁ。。。。。。

結局アイビーは枯れてしまったけど、根っこが生き残っていないか様子を見ている最中。
新しいものをお迎えした方が早いかも


長かった北陸旅行記もこれにて終了です
お付き合い下さってありがとうございました

最後に買ってきたもののお披露目をさせて下さいね
スポンサーサイト
コメント
No title
旅日記お疲れ様でした^^☆
最後の合掌造りの集落も素敵だね~
一度はやっぱり訪れてみたいなあ・・☆
ゲンゲもこんな姿だったんだね~><ちょっとビックりだわ~><こんなに大きい魚が乾物になってるのなら、あの凝縮された味はうなづけるなあ・・☆
楽しくて、すごく中身のつまったたびだったんだね^^☆
日記も楽しかったです♪

父の日は、
主人には、壊れかけていたカードケースを買ってあるの~♪
父へは・・・う~んどうしようかなあ・・。
大抵、車の小物とかだと喜ぶ父なんだけど・・^^まだ実は用意できてないんだ~^^;
2010/06/14(月) 21:09 | URL | あおいろかぶとむし #-[ 編集]
>あおいろさん♪
お忙しい中、長い旅日記読んでくれてありがとう~♬
何とかギリギリギリギリ。。帰省前に間に合った感じ><
本当は番外編として旦那クンの出張土産も載せたかったけど、それは間に合わないかな;;

世界遺産っていくつか見ているけど、建物1つだけじゃなくて町全体がとか集落全体が…っていうのは迫力があるよ~><
どちらが現実なのか日常なのか分からなくなってくるの。
北陸って思っていた以上に楽しくて見ごたえのあったところだったよ♬
また行きたい☆^^

ゲンゲ、かなりの変貌ぶりよね~><
あれほど違うと、干物と食べ比べてみたい感じ(笑)
触るのに抵抗を感じるけど。。^^;

嗚呼そっか、旦那さんも『父』だったね。
傍で見ていると必要なものって分かりやすいけど、離れて住んでて趣味や嗜好が偏ってると困るよね;;
ん~~
車の税金分を父の日にしちゃおうかな!?(爆)
相談に乗ってくれてありがとう~♡
2010/06/14(月) 23:06 | URL | ななは #fdW3Q8EE[ 編集]
No title
わぁ~いいね~この雰囲気♪
ほんとに日本昔話みたい~
ますます行ってみたくなりました(*^▽^*)

ゲンゲってこーいうお魚だったのね~ ほんと全然違う!! しかもお安い☆
お魚市場って楽しいよね~✿

そっか!今週の日曜は父の日なんだね~
母の日と違って父の日ってこまっちゃいそうだね~
うちはだんなさんの方も私の方もだいぶ前に亡くなってるんだけど、私は学生の頃は服とかプレゼントしてたよ~☆
2010/06/15(火) 08:27 | URL | みゆき #SFo5/nok[ 編集]
>みゆきちゃん♪
でしょでしょ!?><
絵本や昔話に出てきたような場所が今でも実在していて、しかもちゃんと人が生活してるっていうのが凄いよね><b
世界遺産ってやっぱ桁違いだと思うわ☆

ゲンゲ、地物で朝どりって書いてあったから新鮮なんだと思う。
でも何だかスキンレスな感じがややグロテスクで手が出なかったわ^^;

そっか~。。
みゆきちゃんちは二人ともお父様を亡くされているのね><
私も毎回服とか靴下とかあげていたけど、何かワンパターンだなぁって思って;;
このままいいアイデアが浮かばなかったら、私も服をあげちゃうかも^^;

相談乗ってくれてありがとう✿
2010/06/15(火) 13:37 | URL | ななは #fdW3Q8EE[ 編集]
No title
行きたいとは思いつつ、詳しくは知らないんですけど
五箇山に普通に人が住んでいるんですか!?
同じ日本でこうゆうところに住んでいる人がいるなんて
ほんと不思議です。。
それにしてもいい風景ですねー♪

ます寿司は大好きなんです!よく食べます!
いろんなお店があるので
お店によって味が違いますけどね♪
2010/06/15(火) 22:13 | URL | senchan #-[ 編集]
>senchanさん♪
ここまで古いおうちだと見物専用に思えてしまうけど、普通に人が住んでるようです;;
もちろん全員ではないみたいで、中に紛れて普通のおうちも建ってはいるんですが、それでもお土産屋だったり飲食店だったり民宿だったりするのでそのまま住んでるんじゃないでしょうか。
ただ兼業(専業?)農家の方もいらっしゃるようだし、住まいがこのように古いだけで一般家庭のように暮らしている方もいるような感じでした。
集落の中を普通に散歩されているおばあちゃまもいらしたんですが、ふと心の中で一線を引いてみている自分もいて。。
ひっきりなしに来る観光客をどのような目で見てるのかなぁ…なんて思ってしまいました;;
でも海外から来る観光客も多いらしいので、日本の誇りとして観ておいて損のないスポットだと思います☆

ます寿司、富山に行くまで『源』しか知らなかったのでカルチャーショックでした><
色々食べ比べると楽しそうですよね♪^^
2010/06/16(水) 16:59 | URL | ななは #fdW3Q8EE[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
時計
プロフィール

ななは

Author:ななは
関東生まれの関東育ち☆
2009年7月より滋賀在住
8歳年下の旦那クンと2人で仲良く暮らしてます✿

ずぼらでおっちょこちょいなO型さん

初の県外居住のため、カルチャーショックな日々です(笑)

料理&お菓子作り、雑貨、おしゃべり、簡単、旅行(欧州・台湾)、世界遺産が好きなチョコレー党☆

最近はフランスパン作りと写真にハマり中✿

お料理サイトCOOK PADにもキッチン開設してますが、そちらで書けなかった事を書いていけたらと思っています。

どうぞ気軽におしゃべりしていって下さいね♬

コメント&トラックバッグについては、記事と無関係なものや文字化けしているもの、不適切と判断したもの等断りなく削除させていただくことがあります。
どうぞご了承下さい。
また、ブログ内の写真等の無断転載は固くお断りいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
お小遣いサイト
現在登録しているポイントサイトやアンケートサイトです☆ オンラインショッピングや検索、アンケートなどでポイントが貯まりますよ♪
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱 お得なポイント貯まる!ECナビ マクロミルへ登録
旅行サイト
こちらの旅行サイトに私のブログが掲載されています♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。