関東から滋賀に引っ越してがらりと変った新生活☆ カルチャーショックなど何気ない出来事やつぶやき、食べ物etc…いろんなものが私のあしたをつくる 大好きな旅行やお出掛けをメインにいろんなものをつづっています✿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜便りと兵庫観光③~姫路城 其の三~

今日は珍しいことがいくつかありました。

たま~に頭痛が起きるのですが、今日は眼が覚める頃からなぜか目が痛いなぁって思っていて、それでも時間を気にして身支度をしている頃からゆるく頭痛
薬を飲んでもなかなか効いてこなくて、夕方ぐらいからやっと効いてきたようだけど、食欲もあんまり湧かなくて。
風邪を引いて仕事を休んだなんてことがないぐらい元気な私なのだけど、珍しく風邪でも引いたのかなぁ。。
でも『病は気から』ということわざもあるし、旦那クンはご飯を作れない人なので寝込んだり出来ん
…ってことで、気合で乗り切ります

そして今日、小包が届きました
送り主はなんと母
今まで一度たりとも荷物なんて送ってきたことがなかったのにビックリ
中を開けるとジッパー付ビニール袋に入った、母手作りのザーサイがたっぷり。
私、以前は中華食材をあまり食べなかったのですが、母が作ってくれたザーサイが美味しくて、それからザーサイ好きになってしまいました。
昨年末に帰省する時にリクエストし、手土産にも持たせてくれたのだけど、今回初めてこうして送ってくれたことにちょっぴり感動

年末に祖母が亡くなって、母はやっぱり少し元気がなかったようで、何度か励ましのメールを送ったけどそのうち連絡が全然来なくなり、早2ヶ月。。
打診の意味で送った兵庫土産で久しぶりに返事が来たものの、何だかそれは滋賀でお気楽に暮らしているという風にとれ、私には少し哀しく感じる内容でした。
私だっていっぱい悩んだり辛く思ったりしてるのに…
そんな気持ちでもやもや過ごしていたのですが、そんなところに母から小包が届きました。
今まで小包なんて一度も送ったことがないだろうに、頑張って送り状を書いてくれたんだろうなぁって思うと嬉しさがこみ上げます。
ありがとう


前回の続き始めますね~


大天守を後にしたあと、途中から道を曲がって係りの人が口頭で案内するお菊井に向かいます。

姫路35


外壁も高~いけど、木も高い。ここは夏でも比較的涼しいかも。
途中から少し傾斜になった道を進んでいくとまたもこのような門が出現です。

姫路36


この門をくぐった先はこんな感じ。

姫路37


坂の上にピンクの八重桜がいくつも咲いてる~


姫路38


木は小さいけれど、地面に届きそうなぐらいの長い枝ぶり。
私がいた関東では平年だとGW頃に咲くお花です。やっぱり兵庫は温かいのかな


姫路39


ここでも大天守の風格はど~んと立派
白い外壁に曇りがちなグレーの空なので、八重桜の濃いピンクの方がはっきり良く見える感じ。


姫路40


まだまだつぼみの方が多いけど、ピンクのふわふわした花びらが可愛いですね


姫路41


でもこんな風に、普通のソメイヨシノも咲いています

この大天守の横に見えるのが小天守。
そして手前に見える石造りのがお菊井です。



姫路42


八重桜は可愛らしくて華やかだけど、やっぱりソメイヨシノの方が『桜』って感じがして好きかな~

大天守と桜ばかり撮っているので、別の角度でも撮ってみました

姫路43


この辺はあまり人がおらず。。。(笑)
お城に桜もキレイだけど、普通に緑も映える気がしませんか


姫路44


こちらがお菊井。
最初『お菊井』と言われてもピンと来なかったのだけど、『お皿が一枚~お皿が二枚~』の番町皿屋敷でお菊が殺されて投げ込まれたという井戸。
直径は5mぐらいある大きな井戸です。
もしそれが事実だとしたら、この水を飲み水として使っていたんだろうか。。。
中を覗き込む人もたくさんいましたが、私は怖くて覗き込めませんでした



姫路45


こちらは外壁近くにある八重桜
日当たりの関係なのか8割ぐらい咲いていてとってもキレイでした


お菊井の周りも見たし、そろそろ出口に向かうか~と歩いていくと、明らかに人も増えてきています。
やはり平日でも早く来て正解だったかも
大天守に向かうときに風が邪魔して上手く撮影できなかったので、今度こそと思ってパシャり

姫路46



出口に向かおうと思ったら、またも違う方向へ続く道があったのでそちらにも向かってみることにしました

桜便りと兵庫観光②~姫路城 其の二~

昨日今日、滋賀はお天気に恵まれ温かく過ごしやすい一日でした
どうやら花粉症も終焉したようなので、少し窓も開けてみました
入梅するまでの時期が一番好きなので、これから自転車でお出掛けするのも楽しくなりそうです
今日はあれこれと用事があり、お店だけで6箇所も回ってきました。
しかも帰ってその合間を見ながらフランスパンと旦那クンのおやつ作り。
時間に追われてバタバタすると、つい気持ちが浮いた感じになってしまい、こんな時に作るフランスパンはいびつだわ、クープも不恰好な仕上がりに
今もまだふわんふわんした感じなのですが、こんなにも肝っ玉が小さくてどうすんだろう…と事あるごとに思います

土曜日、大阪に行ってきました
バウムクーヘンやピザなども食べてきたのですが、メインは万博公園で行われるロハスフェスタ
おしゃれで可愛いエコをテーマにし、アンティークやガーデニング雑貨、手作り雑貨などを販売したりするイベントなのですが、すんごい楽しかった~~
行く途中で少し雨がぱらついたし、前日も雨が降ったのか足元は少しぬかるんでいたけど、人もお店もいっぱい盛りだくさん
少し仕入れたものやイベントの様子もご紹介したい気持ちでいっぱいだけど、話が入り組んでしまうので泣く泣くですが前回の話題を進めたいと思います。。
遅くとも東京ロハスまでにはUPしたいので、クックの方はしばらく放置させていただきますね


前回の続きで、今回はじっくりと大天守の中をご紹介します。


姫路城の大天守の中は、滋賀の彦根城とは比較にならないほどの広さ
彦根城はこじんまりとしていて中に何もなかったけど、こちらではいくつもの展示物が置いてありました。
撮影しても大丈夫なのかなぁ…って心配になったけど、撮影しまくる外人多数、撮影禁止の張り紙もないので私も負けじとカメラを構えます

姫路15


…何だかよく分からないですが巻物。
じっくり読むほどの暇はありません



姫路16


上の階へあがる階段はこんな感じ。
手すりはついているけど凄い急です。
この天守閣に実際に住んでいたお殿様やお姫様、お侍さんたちはあの身動きのとりにくい衣類でよくこんな階段を上り下りしたなぁ…。。
でもこれはまだマシ。
彦根城の階段はもっと狭く、もっと急です


姫路17


壁にはこんな風に火縄銃も。
いつでも戦に備えられるようにとは思うけど、おうちの中に武器があるなんて今の日本では考えられないなぁって思います。


姫路18


展示物の羽子板。
私が小さい頃、お正月に羽付を少しだけしたけど、私が実際に遊んだ羽子板ともお正月飾りとも全然違ってます。
色がくすんでしまっているけど、豪華な絵付けはやはり庶民が遊んだものとは違うなぁって雰囲気が漂ってますね。
この左側に重箱が展示されていたのですが、こちらはなぜか撮影禁止でした。


姫路19


こちらは大柱。
地階から最上階の6階まで貫通していて、長さは24.6mあるそうです。
こんなに立派な木を柱に出来るのもやはりお殿様の権限でしょうか



姫路20


大天守から見る姫路の街並みは絶景 なんといっても桜が満開で見事です


姫路21


こちらは別の角度から。
先ほど上ってきた道が見えています。


姫路22


屋根の端っこにシャチホコ。
金じゃない~って思うけど、数百年経過していることを思えば金じゃなくて当たり前。
それともここ姫路城のシャチホコは当初から金ではなかったのかなぁ…


姫路23


違う角度からはクレーン車が。。
…でもお堀の青緑がかった水と桜の薄ピンク、白っぽい街並みとくっきりカラーのクレーンのアームの色のコラボ、何だか妙にきれいに見える気がする私は変かしら


姫路24


再び展示物です。
姫路城と城下町の模型ですが、こうしてみると駅の方まで城下町だったのが分かりますね。

他にもいろいろあったのですが、修復工事が終わってから観に行く人のために大天守内部の紹介はこれぐらいにしておきましょう
内部も広いので、展示物もたくさんあって見ごたえたっぷり大満足でした



姫路25


ゆっくりと降りてきた天守閣を見上げると、やっぱり大きいなぁって痛感。
外国人観光客もたくさんいたけど、外国とは全然違う日本のお城はどんな風に見えたのかなぁ


姫路26


高い外壁よりも更に大きな桜の木
本来の目的がお花見だったことをハタッと思い出したのだけど、こちらもなかなか見事です


姫路27


少し移動したこちらの場所は、姫路城を見るのに絶景のポイントのよう。
カメラを手にした観光客の皆さんがほぼ、この左手に見える姫路城を撮影していました
見事な桜の木に目が奪われる私は無礼者でしょうか


姫路28


でもせっかくお花見が目的ですもん、いっぱい撮影しちゃいます
…と言うか、何枚か姫路城と桜をファインダーに収めようとするのですが、どうも私の背の高さでは思ったようなアングルに入らず悪戦苦闘
しかも姫路城は私が思ったように撮るのがなぜか難しい
そのうち諦めて、桜に専念しちゃった…というわけです(笑)


姫路29


桜の花ってこんな太い幹の部分にいきなり咲いたりするから不思議ですよね。


姫路30


この絶景ポイントにはこのように姫路城の説明が入った看板も。
こういうのがあると分かりやすくていいですよね


私がこの辺りで桜や姫路城を撮影していたら、ツアーのガイドさん2人にまたも撮影をお願いされました。
私と少し離れた位置から姫路城を撮影していた旦那クンが戻ってきたのですが、頼まれた写真を撮る最中。
旦那クン曰く、かなりいいアングルで撮れていたみたい。良かった

しかし今日入口でも写真を頼まれたし、思い起こせば北野天満宮でもカップルに写真を頼まれたっけ。
…私って写真を頼みやすいのかなぁ


姫路31


姫路城 天守閣を降りてもこの威厳。
人間2人でもまだ届かないぐらい高い石垣部分。
しかも登りにくいよう、上に行くほど傾斜をつけているそうです。

天守閣を撮影していると、上の部分から時々フラッシュが光るのですが…外にフラッシュたいてもせいぜい5mぐらいしか光が届かないですよ~といつも思ってしまう私たち


姫路32


瓦の端の部分にはこんな風に模様が。
これは割り当てた家来(お侍さん)の家紋だそう。
場所によって違っているのだろうけど、そこまでは確認しませんでした


姫路33


桜も木によっては既に散り始め。
でも散り始めも好だし、ピンクのじゅうたんも可憐で素敵


姫路34


途中ふと見つけちゃった円形になった桜
旦那クンに見せるために撮影したのですが、風もあってピンボケ
でも珍しいので、皆さんにもお披露目しておきますね


お城の中はまだまだ広いってことで次回に続きます

桜便りと兵庫観光①~姫路城 其の一~

今日はまたも寒いですね
今年は早いトコ暖房器具とおさらばできるかなと思っていたんですが、冷え性の私はなかなか手放せません
灯油の購入って見極めが難しいです

前回は私の愚痴(泣き言)にたくさんの温かいコメントをありがとうございました
実生活の人間関係がスムーズに行ってないので、ついつい気持ちがPCに行ってしまって。。。
一言二言だけと少ない言葉にとどめておこうと思ったことが逆に誤解を招いてしまって、温かいコメントを下さった方々に申し訳ない気持ちでいっぱいでした
今回も言葉少なめに書こうとしていますが、ニュアンスをうまく伝えるって難しいですね
ただここは私のブログ。
クックのような公過ぎる場所ではいえない事や悩み、心のひだなども、いつかお話できたらいいかなって思ってます。

前回の記事、旦那クンにあんまり見られたくなかったので早々に更新したいと思っていたのですが、昨夜この新しい記事を書き進めているうちに読まれてしまって。。。
私の隣、1mぐらいのところで読んでるんですよ
手紙とかメールって、出した当人に目の前で読まれると恥ずかしくないですか まさにあの感覚です。
お出掛け日記などの時は内容のチェックにもなるのですぐに読んでもらえるのは助かるのですが、よりによってあの内容とは。。。
しかも黙ってではなく「ブログ読んだ」と言われたので、さすがに私も暴言吐いちゃいました。。。マッタク。。。


いつものようになが~い前置きはこれぐらいで切り上げて、本題に入りますね

先日、桜を観に旦那クンと一緒に兵庫県まで足を伸ばしてきました

ことの始まりは、京都のお花見が済んで間もなく、旦那クンが京都へプチ出張したある日のこと。
電車の中吊りで姫路城の修繕工事の話題を目にしたのだそうです。

旦『あ~そうだ、忘れないうちに言っとく。そのうち姫路城にお花見に行こう』

急な話で場所が場所なだけに(近場ではないから)私も目が点だったのですが、話を聞いてみると中吊りを見た経緯を話してくれました。
4月12日(月)から天守閣が修繕工事に入り、調べてみるとその工事に4年の歳月がかかるとのこと。
せっかく同じ関西圏内にいるので今のうちに行っておこうということでした。
「姫路城か。ふ~ん」と思っていたけど、調べてみたら姫路城って世界遺産じゃないの
是非行かなくっちゃ

当初は気楽に考えていて、10日(土)か11日(日)のどちらかに行こうと思っていたのですが(特に旦那クンが)、クックで仲良くしてくれているメンバーさんがタイムリーに姫路城に行き、工事に入る前に行っておこうという観光客で大混雑のレポートを書き上げていたのを見て大慌て
週末なんて行ってる場合じゃないと思い直し、7日(水)に行くことにしました。
本当はその翌日の方がお天気も良かったのですが、姫路に行くならついでに行ってみたいと思ったところがあいにくの定休日ばかり
このときの天候は9日(金)は雨との予報だったので、前倒ししちゃいました。

いつものようにいろいろリサーチし、経路情報もプリントアウトし、前日日付が変わる前に布団に入ったけど当然すぐには眠れず、余裕を持って準備をしたいと思い、当日4時前に起床。
当然ながらまだ夜が明けてもいませんでした

順調に準備を整え、6時前の電車に乗り、大阪では始発の列車に乗り換え。
仕事をしていた頃は車通勤なので電車の通勤ラッシュもあまり経験がないのだけれど、乗客がみんなサラリーマンやOLといった私が見慣れた光景とはやや異質な雰囲気。
長距離だったから立ったままは辛いなぁと思っていましたが、2時間半近い電車移動中、何とかタイミング良く最初から最後まで座ることが出来てラッキー
姫路駅に近くなるにつれ、会社に出勤していくようには見えぬ人たちも増え、結局その方たちと共にごっそりと姫路駅で下車しました。

以前姫路城に来たことがあるという旦那クン。
「姫路は何もない」という言葉を信じ、足早に姫路城へ向かいます

連絡通路を通って地上に出てみれば、思った以上に拓けているじゃないの


姫路1


途中見つけた電話BOX。屋根が独特~

この街並み、どこかで見たような…と思い起こせば、名古屋と彦根を足して2で割った雰囲気。
お城がある点は彦根で新幹線が止まるという意味で名古屋っぽいってことかな
旦那クンが「何もない」というので田舎ちっくなイメージを想像していたけど、立ち並ぶ大きなビルやデパートや商店街を見る限り、凄い便利そう。
新幹線は止まるし、近くに空港もあるし、この辺なら今のトコよりも全然便利そうじゃん
車がないとどこにもいけない、私が現在住んでるトコより全然いい
いっそここに住みたいぐらいだとさえ思っちゃいました
でもまぁ、姫路は姫路城しか観光スポットがないようなので、「何もない」みたいですけどね


せっかく睡眠時間を削って早起きしたんだから、渋滞や大混雑は避けたいってことで、『天守閣に到着するまでは撮影禁止』令が出ていたのだけど、信号待ちや一瞬だけとお願いして、途中少しだけ撮影させてもらいました。
信号のタイミングでは小走りに、街中では歩幅を広くガシガシ歩いていたのでまだ少ない観光客もごぼう抜き(笑)

電車を降りる時に見えていた姫路城もやっと入口近くまで到着です。


姫路2


ええい、クレーン邪魔だと思ったけど、お城とクレーンのコラボなんて一生のうちに見られる方が少ないのではと思ったら、逆にレアな写真かなぁとか思っちゃいました(笑)
信号が青に変わるのを待ちながら、バスが通り過ぎる前に激写です


撮影禁止令が出たけど、やっぱり撮影したいと旦那クンに申請をしたら、じゃあ後から追いかけてくればいいとのことで、喜びつつも慌ててシャッターを切り始めましたよ。
しばらく旦那クンが写りまくってますが、このような理由でご了承下さい(笑)


姫路3


こちらは先ほどの写真に見えていた橋の上。
国宝という点から言えば彦根城と一緒だけど、この橋の長さだけでも倍以上の差。
まぁ既に見えてる天守閣の大きさも歴然だけど

私より足が長い旦那クンが早歩き、私は途中何度も止まって撮影なので、シャッターを切った後は走って追いかけてばかりでした



姫路4


姫路城入口に向かう道は満開の桜並木
左側の赤いポールを見ると、休日にはこの辺まで並ぶんだろうなぁ…
通常天守閣への入場は9時かららしいのですが、あまりの人の多さに1時間早めているとの事。
この時点で8時半過ぎだけど、平日であまり天候も良くはないしまだ早い時間なので人もまだまばらです。


姫路5


桜並木の右側に広場、その奥にど~んと見える天守閣 今行くから待っとれ~(笑)


入口に着いたので『チケット買ってくるから、写真存分に撮っとけ(笑)」と旦那クン。
お言葉に甘えて撮らせて頂きますわよ


姫路6


姫路城大きい~
なぜかサラリーマンスタイルの中年男性もいたりして、携帯のカメラで激写中。

桜と姫路城をバランスよく思ったようなアングルに入れたいと思うのだけど、私がファインダーに納めたいと思う角度がうまく見つからない
あーだこーだと格闘していたら、立派な一眼レフデジカメを持った初老の男性に撮影を頼まれました。
三脚とか機材を持ってて、他に人がいなかったのでひとりで来た様子。
私なんかに頼んでいいのって思ったけど、快くお引き受けしました。
ちゃんと写っているのか心配だったけど、首を縦に振ってくれたので一安心
ちょうど戻ってきた旦那クンと中に入ろうとしたら、その男性の強い勧めで私たちも撮影して下さいました。


姫路7


ツーショット写真って頼んだことがないから、一緒に写っている写真って殆どないのだけど、たまには記念になっていいかな
お礼を言って入口に向かいました。



姫路8


門へ続く道は緩やかな坂道。
城壁がくっきりとした白なので、青空だったら抜群にきれいだったろうなぁ~
壁にある○や△、□は狭間と呼ばれるもの。
ここから鉄砲や弓矢で攻めてくる相手を迎い打ったのでしょうね。


菱の門をくぐって中に入りましたよ~

姫路9


一段と近くなった天守閣と見事な桜~
カメラに収めようとしたら、いいタイミングで人が。。。
しばらく去りそうにないので、諦めてその場を後にしました

この日あいにく風もあって、何度もカメラを構えるけどいい感じになかなか撮れない
カメラと格闘するうちに確実に増えている観光客。。
天守閣への道はまだ長いってことで、今回は数でカバーする方向にすることにしましたよ。


姫路10


こちらの写真は天守閣へ向かう道を振り返ったアングル。
桜が見事ですよね~


姫路11


このように大天主に向かう道は緩やかな坂道だけど、石垣で出来た城壁はとても高いです。



姫路12


天守閣、近付けば近付くほど高さを感じます。う~ん、立派だぁ


姫路13


でも途中にある門はこんな感じでこじんまり。
このような門が途中いくつもありました。


ガイドさん


途中団体さんもちらほらと見え始め、引率しているのは赤っぽいブレザーを着たおじいちゃん。
どうやら姫路城ではシルバー観光ガイドという観光案内サービスがある様子。
面白おかしく風情たっぷりに話しているけれど、なにせおじいちゃんなので観光客より歩くのが遅いほど
このタイミングなだけに、団体さんが来る前に~と慌てて先を目指します


姫路14


やっと大天主の中に到着~
工事の機材も見えるものの、既に通ってきた桜並木や姫路の街中も良く見えます。
これからはペースを落として、人の流れに沿って進んでいきますわよ~
続きはまた次回に


週末大阪にお出掛けしてきます
パンを焼く都合上、土曜日を予定中。
大阪では今回10回目となるロハスフェスタ。その帰りにピザを~と思ってます
マダムシンコにもいけるといいなぁ~

お天気良くなりますように
時計
プロフィール

ななは

Author:ななは
関東生まれの関東育ち☆
2009年7月より滋賀在住
8歳年下の旦那クンと2人で仲良く暮らしてます✿

ずぼらでおっちょこちょいなO型さん

初の県外居住のため、カルチャーショックな日々です(笑)

料理&お菓子作り、雑貨、おしゃべり、簡単、旅行(欧州・台湾)、世界遺産が好きなチョコレー党☆

最近はフランスパン作りと写真にハマり中✿

お料理サイトCOOK PADにもキッチン開設してますが、そちらで書けなかった事を書いていけたらと思っています。

どうぞ気軽におしゃべりしていって下さいね♬

コメント&トラックバッグについては、記事と無関係なものや文字化けしているもの、不適切と判断したもの等断りなく削除させていただくことがあります。
どうぞご了承下さい。
また、ブログ内の写真等の無断転載は固くお断りいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
お小遣いサイト
現在登録しているポイントサイトやアンケートサイトです☆ オンラインショッピングや検索、アンケートなどでポイントが貯まりますよ♪
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱 お得なポイント貯まる!ECナビ マクロミルへ登録
旅行サイト
こちらの旅行サイトに私のブログが掲載されています♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。