関東から滋賀に引っ越してがらりと変った新生活☆ カルチャーショックなど何気ない出来事やつぶやき、食べ物etc…いろんなものが私のあしたをつくる 大好きな旅行やお出掛けをメインにいろんなものをつづっています✿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省2010冬④~イブの夜~

今日は久々に良いお天気
旦那クンのいる新潟もやっと晴れたようです。
でも今日はおうちに帰ってくる日。 お仕事だったんだから仕方がないね

明日はお休みするって言っていたけど、スケジュールは未定。
初詣にまだ行ってないのだけど、あちこちまだ混雑しているかなぁ。。


半年振りの帰省日記、前回の続きです


池袋に到着しても、相変わらずおびただしい人の数。
この半年の間に、エチカエソラなど池袋は更にパワーアップしていたからかも~。
東武デパートを横切ろうとした時、目に飛び込んできたのはクラブハリエのカフェ。
何ですって
以前はなかったはずなので、新しく入った様子。
メニューをチェックしてみると、どうやら焼きたてバウムでお茶が出来るみたい。
明日食べなくっちゃねーと言いながらホテルに向かいました。


今回予約したのはスーパーホテルJR池袋西口
明日施術を受ける整体も池袋なので、池袋付近で手頃なお値段のところを探したらこちらになりました。

池袋1

14Fのセミダブルのお部屋だったかな。
枕が1つしかなかったので、その後フロントに行って2つ分お借りしてきました。
ちょっとアクシデントもあって時間が掛かってしまったけど、まぁそんな時もあるってことで。


相変わらずごった返す池袋の地下道を通り、反対側に抜けるまで30分以上平気で掛かってしまう都会の大きな駅事情。
しかも少し迷ったりすれば、時間が過ぎていくのなんてあっという間。
やっとのことで東口側に出ると、イルミネーションが輝いていました。

池袋2

凄いいいタイミングで人が。。

そして反対側はこんな感じ。 中央にある真っ赤なリボンが可愛い

池袋3

何枚か写真を撮りなおそうかと思ったのだけど、ここは横断歩道のど真ん中。
私の気持ちもお構いなしで信号が変わったので、諦めてこの場を去りました。。


22時
晩御飯に向かったのは、北海道
去年と同じく、チェーン店の居酒屋です
私はせっかくだからお洒落にフレンチでも…と思っていたんだけど、去年タラバカニが半額で食べられていたのに拘っていた旦那クン。
一応調べてみたところ、今年は半額にはならないけど、24・25日の両日お食事全品半額っていうのをやっていたんです。
マグロは昼間にたらふく食べたけど、カニやあん肝は食べたい~と思って行く事にしました。


お店の中はイブなのもあってお客さんもまばら。

まずはビールで乾杯です

池袋4

1年前はビールが飲めなかった旦那クン。 成長したなぁ~

メニューを見ながらオーダーします。

砂肝秘伝揚げと鶏サラダ。

池袋5   池袋6

砂肝は甘辛い味付け。
でも小さく切り過ぎているのか、あんまり砂肝の存在が分からなかったかなぁ。。
サラダのメイン野菜は忘れました(苦笑)
生の玉ねぎが苦手なので、除けた分を旦那クンに食べてもらった記憶ばかり。

白子焼きと串盛り。

池袋7   池袋8

本日のオススメにあん肝があったのに、オーダーしたら売り切れですって言われて。。
代わりに頼んだのが白子だけど、白子よりワカメの方が多かったかも。。。
焼き鳥はいつも『塩』派です
う~ん、焼き鳥LOVE

こちらはタラバ。

池袋9

店員さんが持ってきた期間限定メニューにカニが載っていたのだけど、タラバ、花咲ガニ、毛ガニの3種類。
お値段もそれぞれ凄くお手頃。
せっかくだから花咲ガニでも…と思ったら、取り扱う期間外だったらしくて。
じゃあということで、今扱っている期間に該当する毛がにを頼んだら今度は品切れとの返答。

私はどっちでも良かったんだけど、旦那クンの頭の中にはカニで諦められなかったらしく、思い切ってオーダーしました。
しかしやっぱカニの王様『タラバ』 二人で食べるには量がたっぷり。
それなのにこんなものもオーダーしてしまいました。。

池袋10   池袋11

北海道漬物とアワビのお刺身。

お漬物は鮭が入ってボリューム満点。 しかも量もたっぷり。
もっと少量を想像していたので、見た瞬間『食べ切れそうにない』と悟った瞬間。。。
アワビは小ぶりでしたが、コリコリとして美味しかったです。

私はこの他にもおにぎりを注文していたのだけど、案の定全部食べきるのは不可能でした。。
う~ん、また今年もやってしまった。。。

結局のところ、きっかり5千円引いてくれたのだけど、それでも5桁。。。
値引きがなかったらちょっと豪華なコースが食べられたよ~
無謀に食べるのはやっぱ良くないですね。。


午前0時過ぎ、外に出るとダウンの上からでも痛烈に感じる関東の冷え込み。
手は手袋をしていても冷たいし、顔の部分は刺すような痛みを伴う寒さ。
滋賀はまぁまぁ寒いと思っていたけど、関東と比べたら全然大したことがなかったと改めて感じました。
ちなみに25日、私の地元の最低気温は-4度。
滋賀(大津)の冷え込みはせいぜい-1度。
タイミング悪く…というか、かなり冷え込みの厳しい日に帰省したみたいではあるけど。。
(ちなみに日記を書いている今日、私の地元は最低気温-6度だったようです)

せっかく都内に来たならイルミネーションを見たいと思っていたけど、本日はもうタイムアウト。
仕方がないので池袋で遅い時間までイルミネーションが見られる場所を探して向かいました。

唯一あったのが、ホテルメトロポリタン前。

池袋12


やや地味だけど、落ち着いた大人のイルミネーション。

池袋13

これはこれでキレイだな


さて、明日は整体と実家。
リラックスと緊張が入り混じります。。

帰省2010冬③~衝撃の静岡③&都内へ~

昨夜から明け方にかけて、雪が降りました。
夜、雪がちらついていたのは知っていたけど、積もるとは思わなかったのでビックリ。
でももう溶けてしまったので、心配はなさそうです

今日は七草だけど、旦那クンが留守なので七草セットは購入しませんでした。
一人分だから適当に作ろうっと


先日の帰省日記、まだまだ静岡編ですが、ちょっと面白かったのでもう少しお付き合い下さい。
前回の続きです。


静岡駅に到着した後は、チケットショップやスーパーを覗くために駅前へ出ました。

ロータリーの端の方にあった竹千代君像。

in静岡23

はて…?誰…??
…と思ったら、徳川家康の幼名なんですって(当時の名前は松平竹千代)。
調べてみると、他にも徳川家康公の像もある様子。
特に探しもしませんでしたが、すぐ近くにはなかったようです。

静岡駅前はこんなにも近代的。

in静岡24

造りが少し、金沢に似ているかも。
正面に見える『マツザカヤ』はあの松坂屋とは違うのかしら。。


地下道を通り、チケットショップやデパートをはしごし、東京行きの新幹線チケットを購入。
あとはお茶が出来そうなお店を探していたけど、とにかくあるのは居酒屋ばかり。
駅によっても店のジャンルに個性が出るなぁ。。

結局あちこち観て歩いたデパートの中には目的を果たせそうなお店がひとつもなく、結局駅ビルに戻りました。


旅先ではいつもスーパーを覗く私たち。
今回もなかなか珍しいもの・面白いものを発見しちゃいました。

こちらはスーパーで売られている黒はんぺん。

in静岡25

加工した鮮魚コーナーに売られていたけど、なにやら黒いものが混ざっているようです。

そしてこちらはお寿司コーナーにて。

in静岡26   in静岡27

お寿司の中にサンタさん発見~ 
作り手さんの遊び心に拍手を送りたいっ
寿司ネタの中でもやたらとマグロが目に付きました。

更に脱帽したのがこちらのお寿司。

in静岡28

寿司ショートケーキ。
顔はミンチのトロ、帽子はマグロの赤身、帽子のフサフサ部分とヒゲはイカ、お鼻はイクラ、目は海苔。
キャラ弁ならぬキャラ寿司というところでしょうか
キャラ弁苦手な私としては、惜しみない拍手を送りたい気分でした。

他のお魚コーナーもめぐってみると、またも驚くような貝があります。

in静岡29   in静岡30

左は旦那クンの指2関節ぐらいある大きなアサリ(確か)。
本ビノス貝なんて聞いたこともないような貝も。

更にこちら。

in静岡31

ながらみ貝
正式名称は『キサゴ』と呼ばれているそうです。
この手の巻貝はちょっとグロテスクなので、食卓に上った場合ビジュアル的に受け付けません。。。

他にはカニや丸ごとのお魚なんかが売られていたのだけど、凄く安くてビックリ
魚介類がこんなに安くて、しかもマグロがいっぱいある静岡、住んでもいいかもしれないとさえ思ってしまった私
動機が単純(笑)
帰りだったら迷わず大量にあれこれ買うところだけど、ここは涙を飲んでスーパーを後にしました


今更だけど、この日は24日のクリスマスイブ
イブだったらやっぱりケーキを食べたいってことでお洒落なカフェを探していたのだけど、結局見つからなかったので駅ビルの中にある小さなカフェに入りました。

カフェ・レジェロアスティ静岡店。

in静岡32

規模の小さなスタバみたいなお店。
せっかくだから二人で食べようと選んだのは、チョコレートケーキとチーズタルト。
正直あんまり期待してなかったんだけど(笑)、なかなか美味しくて満足できました


静岡から都内までの新幹線は、行きと同じくのぞみは利用できません。
いまやのぞみのほうが本数が多いとは。。
何とかタイミングよく乗り込んだのは、ひかりでもなくこだま(笑)
各駅停車の在来線気分で何だかもどかしい感じ。

17時半頃静岡を出発し、およそ2時間後に品川駅に到着しました。

品川は新幹線の乗り換え駅であるのもあるけど、金曜の夜だということでとにかくごった返すぐらいの勢いの人・人・人・人。。。

駅の中にこんなポストを発見しちゃいました。

品川

ここは山手線と品鶴線(知らないけど)の出発点なのかな
電車をモチーフにポストを作ろうって考え、いいかも

左に見える人だかりは、クリスマス用のお惣菜やケーキを買っている人たち。
隣接されたエキュートも、外から見えるぐらいあちこちのお店で行列が出来、最後尾のプラカードを持つ人さえも。
『クリスマス』『週末』『夜』が重なった都内は凄まじい勢い。
せっかくなのでエキュートの中を観て歩いたのだけど、つないでる手を離したら迷子になりそうなぐらい。
それでも久々の関東のイントネーションにホッとする私がいたり。。


美味しそうなケーキもいっぱい並んでいるけど、みんなホールだから買っていけないしなぁ。。と目の保養だけして、今日・明日の宿泊地、池袋に向かいます

帰省2010冬②~衝撃の静岡②~

今日から旦那クンが2泊3日の出張に行きました。
行き先は新潟県。
こんな時期なので電車の外は真っ白で見えなかったみたい
ホテルにカンヅメらしので、ちょっと可愛そうな気もします

それにしても去年も感じたことなのですが、冬場の滋賀ってお天気がすっきりしない日が多いですね
冬の関東平野部は晴れた日が多く、空気も乾燥しがちで朝方の冷え込みも厳しかったのですが、こちらでは手荒れも酷くないし起きる時間に合わせて暖房のタイマーをセットすることもないし。
やはりどこでも一長一短あるものですね。


前回の続きです


新幹線の静岡駅からJRの在来線に乗り換え、到着したのは東静岡駅。
てっきり『まだあんまり発展していない駅かなぁ…』(失礼)なんて想像しながら向かったのだけど、到着してみればこんなに近代的でキレイな造りに二人ともビックリ

in静岡8



でもでも何より凄かったのは、改札の先に大きくそびえる日本一の山。

in静岡9

じゃ~ん 富士山で~す

まさかこんなにもくっきりと大きく見えるなんて思いもよらなかったので、二人とも大感動して窓際に走り寄って行ってしまいました(笑)

凄い、凄い、すごーーい

in静岡10

富士山がまだまだ遠くにあるのに、あの大きさゆえにしっかりと見ることが出来るのだけど、雪に覆われていない部分が空の色と溶けて青みがかったように見えます。
山頂の雪の部分も鋭利な斜面がくっきりと見えて。。

手前の山には空に浮かんだ雲の陰が映り、山のあちこちに送電線のための赤と白の高い塔が見えるけど、その奥に広がる雄大な富士山の前には指先ぐらいの大きさにしか見えません。

富士山ってこ~~~んなにも凄かったんだぁ~~~
日本人なら一度は見ておかなくっちゃとさえ思わせられる、とても素晴らしい眺めでした。


しかし、旦那クンの目的はこれではありません。

画面左端にそびえるコレ

in静岡11

分かった人いるかな~

駅はとっても大きいけど、平日の昼間とは言え人はかなりまばら。

in静岡12   in静岡13

なにやらちびまる子ちゃんで有名なさくらももこ氏の絵が並んでるなぁ…って思ったけど、確かこの人って静岡出身だったなって思い出しました。
ちなみに『静岡市はいいねぇ。さくらももこ』と書いてあります。


駅の階段から見下ろすと、駅前のロータリーの先にそびえる等身大のガンダム。
足元に見える人がちっちゃい~

in静岡14



想像以上に洗練されていた東静岡駅にビックリしながら向かったのは、現在この駅の傍で開催中の静岡ホビーフェア

in静岡15

この敷地内に展示された等身大のガンダムが旦那クンの目的でした。


昨年の夏にお台場に登場して話題となった1/1スケールのガンダム。
旦那クンが行きたいって言っていたのだけど、お台場は遠くて断念。
私は全然興味がなかったし、ガンダム自体アニメでも全然観たことがなかったんです。
でも今年静岡で再びガンダムが観られるということになって、旦那クンは『きっと行こう』と思ってたみたい。

旦『遅くても1月上旬までに行く』

春までやっているなら温かくなってからの方がいいのではと提案したのだけど、12月1日~1月10日までの間のみこのガンダムに触ることが出来るんですって。


ホビーフェアの会場にはホビーミュージアムがあって、たくさんの模型が展示されているらしいのだけど、それはさておきガンダムに向かいました。

『ガンダムと一緒に記念撮影をしよう』というコーナーがあり、手持ちのカメラでも撮影してくれるとのこと。
旦那クンの要望により、撮影してもらいました。

in静岡16

旦那クンが手にしているのは(多分)サーベル。
撮影時に無料貸し出ししてくれます。
ガンダム好きな人ならワクワクなのかなぁ。。


その後ガンダムに近寄ってみようとしたら、これからちょうどイベント(ショー?)が行なわれるとのこと。
風はそこそこ吹いているのに周りはさえぎるものもないので、日が傾くにつれて辛くなりそう

in静岡17

それにしても後ろのビルが立派過ぎる~~


見ていると勇ましいBGMがかかり始めたので、せっかくだからと動画に収めてみました




何だか立派にdocomoの宣伝に使えそう(笑)

in静岡18



目が光り、首が動き、水しぶきを噴出したガンダム。




およそ5分ほどのショーが済んで、いよいよガンダムに近付きます。

嬉しそうにガンダムに触れる旦那クン。

in静岡19

こうやって見ると、人間との対比が明らかですね。
後ろではショーで撒き散らした水を係りの人がお掃除中です。

せっかくだから私も…と近寄ったところでつい目が留まったもの。

in静岡20

旦那クンが触れている部分より少し下のあたりですが、パーツの端っこごとにこんな風に書かれています。
こうなるとおもちゃのプラモのパーツというより『もしガンダムを本当のロボットとして作ったら…』感じですよね。
何だかこれを撮影したら満足してしまった私。

旦那クンにこの旨を話したら『せっかくのチャンスを…』と驚愕されたけど、やっぱ興味がないってことかなぁ


青空の下にそびえ立つガンダム。

in静岡21   in静岡22

下から見上げるとなかなか迫力があるかも

その後はオフィシャルショップを覗いて、旦那クンはガンプラ(ガンダムのプラモデル)を次から次へと覗いていたけど、
「組み立てる時間がないから我慢する」
そういって諦めていました。

その分気が済むまで見てもらっていたのだけど、全く興味の湧かない私は冷めててお店の人にも申し訳ないぐらい。
う~ん。。ジオラマなら好きなんだけどなぁ。。


旦那クンってガンダム好きだったのかぁ…と思いつつ、

私『ガンダム観たことがないから全然興味がなくてゴメンネ』

というと、

旦『僕も一度も見たことがないよ


!!!


そういうものなのですね。。。


ホビーミュージアムは有料だけど、私は全く興味がないものを見るのにお金を使っても勿体無いと思い、旦那クンが見るなら外で待っていようかなと思っていたのですが、旦那クンの計らいでそのまま会場を後にしました。

私が楽しそうにしてなくて申し訳なかったかなぁ…って思ったけど、旦那クンは満足の様子。
うん、良かった

私『申し訳ないけど、やっぱ富士山が一番感動した』
旦『僕も』


・・・・・・。


再び電車に乗り込んで、静岡駅を目指しました

帰省2010冬①~我が家の事情&衝撃の静岡①~

今日は今年初の買出しに行ってきました
どうしても欲しいのは、お米5kg、牛乳1本、1.5Lのペットボトルジュース4本、卵1P。。
なぜ重いものと壊れやすいものと重なるのだ。。。
とても一人では無理なので、旦那クンに同行をお願いしました。
10kg近い荷物を運んでくれた旦那クンに感謝です

先日お送りしたパンマグネット。
senさんが無事に届いたと、こんな嬉しい記事にしてくれました →
年末に発送したので、年末年始の慌しい時期にちゃんと届けてもらえるか心配だったのですが一安心
そしてこうして喜んでもらえたことが何よりも嬉しいです
お送りしたみゆきちゃんの元にも届いたようでホッと一安心。


待機中のお出掛けネタは、順番としては11月下旬に信楽へ行ってきたことなのですが、先月下旬に上京(帰省)してきたときのことをまずお話させて下さい。


前回6月に帰省してからおよそ半年。
半年振りに帰省しようと考えていた二人ですが、心の中にわだかまりがありました。
事情を知ってる皆さんはご存知だと思いますが、私たち二人は『夫婦』と言っても親に内緒の事実婚。
二人とも確信があったためにすぐにでも婚姻関係を結びたかったけど、二人で本当にやっていけるかどうかを確かめるために「まず同棲しろ」と言われて始まった二人の生活。
結婚の意志があって確信もあるのに認めてもらえないもどかしい関係。
少しでもお得に生活してやるそう思って『事実婚』という婚姻を結びました。

でも私たちが望むのはやっぱり公的に認められた『法律婚』
6月に帰省した時に結婚することは認めてもらえたけど、お互い一人っ子ということで私の両親が大反対でした。
私は自分の姓に嫌な思い入れも強かったので、引き継ぐことを避けたいと伝えても二人とも聞く耳も持たない状態。。
話し合いの最後に母から「勝手にしろ」といわれたので譲歩してもらえたと思ったのだけど、これが間違い。

書類をそろえて『判をもらいに行きたい』とメールしたところ、

『もう親も家もなんてないと思え』『毎日眠れない』

そんな返事が返ってきて、落ち込んだり絶望したり。。。

名前が変わったらもう親子じゃないの?親子ってそんなもん…?

泣くに泣けず、暗く落ち込んだ日々が続いていました。。。
月日が経つに連れて気持ちも落ち着いていったけど、こんな半端な関係で一生続いていくのかと思うことも少なくなくて。。


今年(昨年)も残りあとひと月あまりとなったとき、一年ぶりに整体に行こうと思い立ち、ついでに実家にも行って入籍する旨を伝えようと思っていました。
もしその時も反対されたら雰囲気はとても和やかではないだろうし、泊めて欲しいという雰囲気じゃないのは目に見えます。
強攻策で入籍した後は、もしかしたらその後数年実家に帰ることも出来ないかもしれない。。
本来であれば実家で数日のんびりとしたかったけど、母からの辛いメールをもらってからずっと連絡を取っておらず、母たちの気持ちも分からなかったので泊めてもらえることは考えにくく、都内で宿泊することにしました。

旦那クンの実家は都内ですが、前回ほんのちょっと顔合わせをしただけで泊めてもらえるような状況でもありません。
それに4人寝泊りするには『狭い』らしく。
一人だったら迷わず実家に泊まるらしいだけに、今回二人で都内に宿泊することがとても無駄なお金に思え、

旦「こんなのは今回限りにしてくれ」

毎回私のために一緒に帰省してくれる旦那クンを思うと、迷惑をかけるのはこれが最初で最後、そう思わざるを得ませんでした。


整体は予約がいつもいっぱいなので、クリスマス付近の連休で空いている日時で予約をお願いしたら、取れたのは25日の10時から。
10時に到着するには朝の5時ぐらいには出発しなくてはならない時間。
最悪、寝坊したらアウトです。
なので余裕を持って前日の24日に出発し、24日と25日の夜都内に宿泊して帰る予定を立てました。
実家に行くのは25日の整体が終わった後。
12月の上旬に思い切って母にメールをしたのですがなかなか返事がなく、出発の数日前にやっと返事が。

「スケジュール教えて下さい」「泊まっていきますか?」

和やかなメールが来ても、母の胸のうちはどうだろう?その後しばらく絶縁状態になってしまうかも…と思うととても落ち着いた気持ちにはなれませんでした。
でもどうしても今の姓を継ぎたくない。旦那クンにも不便な思いをさせたくない。
それが私の気持ちでした。


実家へ向かう緊張と、久々の関東へ向けての出発に複雑な思いを抱えたまま、24日の9時半過ぎにおうちを出発しました。


京都から新幹線に乗ったのだけど、今回利用したのはひかり。
都内直行ならのぞみの方が断然早いし本数も多い
でものぞみでは止まらない駅に途中下車するためにひかりを利用したのだけど、30分に1本ぐらいしかなくてビックリ
毎回金券ショップで購入する回数券では、ひかりの指定席も取れないのでドキドキでした


途中、たくさんのサラリーマンが乗り込んでくるひかりに乗っておよそ2時間。
旦那クンの熱い要望により実行となった静岡駅に到着しました。

静岡といえば浜名湖。浜名湖といえば、夜のお菓子うなぎパイ

駅ビルのお土産やさんにはこんなものが。

in静岡1

うなぎパイV.S.O.P
しかも真夜中のお菓子ですか
何だかよく分からないけど凄そう。。。

そしてこの看板のすぐ下には昼のお菓子 しらすパイも。
赤と青のパッケージがあったのだけど、青のパッケージは『辛口』なんですって。
うなぎといいシラスといい、なぜパイにお魚を入れる必要があるんだろう。。。

in静岡2   in静岡3

右側の写真は静岡のご当地品、黒はんぺん
写真を撮るのに頑張ってみたけど、どうやってもパッケージが光ってしまったのでご了承を。
ご当地品を色々試してみたいと思う我が家だけど、これチルドで売られているんです。。
これから2泊もするのに持って帰れない。。。と泣く泣く断念


時計はお昼を回ったところ。
お昼ごはんに向かったのは、沼津魚がしアスティ静岡店。

in静岡4

静岡といえば美味しいマグロがウリのようなので、こちらのお店にお邪魔しました。


平日のランチタイムなので、お得な定食を発見。
再度メニューを見ても気が変わらなかったので迷わずオーダーしました。

まずこちらがランチみぞれ丼。

in静岡5

直径25cmぐらいの大きなどんぶりに、サイコロ状に切ったマグロが盛りだくさん。
主流はビン長マグロだけど、本マグロもちゃんと入っています。
他には卵、とびっこ、イクラ、ウニ、きゅうり。
大抵こういったどんぶりってお手頃なイカとか入っているけど、これはとにかくマグロ・マグロ・マグロ。
ご飯よりもマグロが多いと言って過言じゃないぐらい。
これにお新香とお味噌汁が付いて1,280円なんですよ。
静岡市民、羨ましい~~~

旦那クンは普通にお刺身定食。

in静岡6

本マグロと鯛、アジ、そして釜茹でシラス。
本マグロはねっとりとして濃厚な味。アジは身が厚くて食べ応え満点。
旦那クンが絶賛したのは鯛。
通常白身魚って薄く切るのだけど、こちらのお店では厚さが通常の1.5倍ぐらいあるし大きさも倍。
身もコリコリしてとっても美味しいんです。
お刺身にシラスって感じだけど、塩辛さもなくて、例えて言うならボイルエビのような存在。
嗚呼、これならお刺身の一品になるわ~と思いました。

他には小鉢とお新香とお味噌汁が付いて980円。
ランチだからと身が薄いわけでも量が少ないわけでもないのに、この値段とこの充実っぷりに心もお腹も大満足でした


しかーし、メニューを見ていたら見つけちゃいました。
追加オーダーです。

in静岡7

生桜えびのお刺身(左)と黒はんぺん(右)。

桜えびはヒゲのみを切ってあって殻は剥いてない状態だけど、柔らかいので気になりません。
桜えびって言うと茹でて乾燥したものをだしをメインに食べるものだけど、生だとちゃんと主役になるんだなぁ~
それに生の方が断然美味しい

黒はんぺんは、青魚を使ったつみれのような味わい。
はんぺんって言うと白くてふわふわして、味わいよりも食感や舌触りがメインの食べ物だけど、どっしりとお魚の味がして今までの常識を覆す食べ物でした。


定食とどんぶりだけでお腹がいっぱいなのに、2品も追加してしまったお陰でいくら頑張って食べても無理。
泣く泣く残してしまったけど、マグロのお刺身大好きな私は静岡に住みたいとさえ思ってしまいました(笑)


この後は在来線へ乗り換えて東静岡駅に向かいます

帰省2010夏⑩~家路へ&現状~

ずっと夕立すら降らなかったこの頃。
毎日暑くてたまらなかったので、つい先日半信半疑でベランダに打ち水をしてみました。
ホントに効果アリ 逆に蒸し暑いんじゃないかなぁ…と思ってやったことがなかったのだけど、意外や意外
思っていた以上に暑さが和らぐことが判明
これからは毎日水撒きしよう~と思っていたら、今日になってやっと雨が降りました
逆に何だか生ぬるいけど、クーラーなしで過ごせるってやっぱ涼しいって事だなぁ
ウォータープルーフの日焼け止めを塗ると肌がきしむ感じがして好きではないのだけど、こんな日は塗らずに過ごせていいなぁって思います

やっと終わりが見えてきた帰省日記
もう少々お付き合い下さいませ
前回の続きです


母は何だか眠れずにいるんじゃないか…と聞き耳を立てながら寝付いた昨夜
目が覚めると既に1Fで両親が朝食中の様子。
前日円満に話が終わったわけではないので、何だか下におりにくいなぁ…と思っていたら、2人とも庭いじりに出て行きました。
覚悟を決めて身支度していたのに、ちょっぴり肩透かし

食事の準備はあらかたしてくれていたので、2人で適当に食べていたら、庭から戻った母がスープを出してくれました。
思っていたよりはギクシャクしていない感じで良かった。

前日話した時に戸籍の話も出たし、容認してくれたとなるなら書類が必要になると思い、車を借りて役場へ行き、戸籍謄本をもらってきました。
旦那クンは後日郵送で取り寄せよう

買ってきたお土産や日用品、拾った梅の実などを目いっぱい詰め込んで荷造り終了。
来る時は15.4kgあったスーツケースが、25kgになっていました
帰りも飛行機じゃなくて良かった。。。
荷造りをしながら旦那クンに尋ねたのだけど、ホントにこれからお母様に私を紹介するらしい。。
移動日の今日は、たくさん歩くことを考えてスニーカーは譲れないけど、哀しいことに泥まみれ
こんなことなら、梅拾いが終わった後洗っておけば良かったよぅ
旦那クンは私の緊張や心配を気にすることなくおうちに電話して、

「後で駅まで来てくれる用があるから」

なんてシンプルな。。。

この日父はお休みで、母はいつものように14時には仕事に行くので、その少し前に父に駅まで送ってもらいました
初めて滋賀に出発する日に、改札の向こうで見えなくなるまで見送ってくれた母とは違い、別れ際の父はいつもシンプル。
父と娘の関係なんてまぁこんなもんよね、きっと。

電車に乗ってから気がついたけど、旦那クンのお母様に会うのに手土産がなかった
旦那クンは「面倒くさい。手ぶらでいいよ」
って言うけど、そういうもんじゃあないわよっ
都内の人に都内の手土産もどうよ…と思ったけど、電車に乗り換える前に駅を出たところでちょっとよさげな和菓子をゲット。
旦那クンは再び実家に電話し、予想時刻と場所を告げて電話を切りました。

平日の昼間、サラリーマンやOLの行き交う都内。
やっぱり都内は都会だなぁと景色を見ながら痛感。
こういう中に住みたいとは思わないけど、少し出れば便利な場所にいずれは住めたらいいなぁなんて思う。
そして二人とも実家が関東だから、やっぱ関東がいいかな。。

電話で告げた時間はおおよそだったし、確実なよう「駅に着いたらまた電話する」だったのだけど、何度電話をしても出る様子がなく、待ち合わせ場所で半ば途方にくれつつ電話をしていたら、人ごみの中から現れた一人の女性。

旦「何回も電話したのに」
女「行くってメールしたよ」←携帯のアドレスは知らないらしいので、あて先は今回持参しなかったPC

うわ~旦那クンのお母様っ
心の準備も出来てないのに、いきなりの初対面。
そしてすぐ傍に立つ私を見つけた瞬間、旦那クンが「今度この人と結婚するから」と。

わ、ストレートだ

母「おめでとう良かったね

名前すらも言ってないのに、この100%歓迎振りは良いのですか

その後旦那クンが私の名前を告げ、私が「よろしくお願いします」とご挨拶。
出身地と現在どこに住んでいるかぐらいを聞かれた程度で、入籍の日取りや披露宴の話にまで進んでました。
どこの馬の骨かも分からんのに、良いのですかと私のほうが恐縮してしまうぐらい。
これからお茶に…と誘われたけど、これから帰る事を理由に旦那クンがお断りし、そのまま今回はお別れしました。

時間にして多分10分足らず。。

今まで「途中で親に話すと混乱させるから」と言っていたけど、その意味が良く分かりました
自分の息子が決めた相手なら間違いないって信頼してるってことなのかな。。
うちの親とは天と地ほどの差、少し羨ましい。。。


帰りの新幹線は品川駅から。
また八天堂を見つけたので、クリームパンを購入しました。

新幹線に乗り込んでほっと一息
時計も16時を過ぎていました。
結婚も認めてもらえたし、旦那クンのお母様への挨拶も済んだので肩の荷も下り、小腹も減ってきたのでおやつタイム

クリームパン


八天堂のクリームパンはいろんな味があるけど、1つだけ選ぶならやっぱカスタードかな
中身は以前の日記に載せたからいいか~と思って写真なしです
ふんわりしたパンの中にたっぷりのカスタード
相変わらず美味しすぎる~~ 嗚呼…また食べたい

2人で1個なので足りず、別のおやつも食べちゃいます

限定どら焼き


食べかけでゴメンなさい
前日に買ってきた志ち乃のどら焼き。
これは月替わりのお楽しみどら焼きで『キャラメル』
ミルククリームのような濃厚な味わいに、キャラメルの風味。
ちょっとこってりなので、2人で1個で十分かな。 でも美味しいです
他にも買ってきた分は、後日のお楽しみ

途中で雨が降り出したりして、雨の中25kgものスーツケースを引いて帰るのは嫌だなぁ…と思っていたのですが、降っていたのは途中のみ。
徐々に日が沈んで暗くなる中、電車を乗り継いで最寄り駅に到着したのは19時頃。
帰宅したらご飯の用意かなぁ…って思っていたけれど、駅前で食べて行こうってことで定食屋さんでご飯を済ませ、20時頃無事に帰宅しました。

まだ母は帰らないだろうな…と思ったけど、何だかそれまで待つのがもどかしくて父に電話
無事に着いたこととお礼を言って電話を切りました。

その後は荷物の後片付け。
6日分の洗濯物はやはり凄まじい。。。
洗濯機は回っても、ハンガーや洗濯ばさみがねー 足りないのよぅ~
コレがいつも悩み。

片付けが済んだ後は、採ってきた梅を2人で洗って拭いて、早速漬け込みましたよ

梅仕事


翌々日の写真なのですが、右の奥に見えるのが梅酒。左の前後2本が梅酢です。
手前のビンで下半分梅がしわしわなのは、もし入手できなかったら…と心配になり、1kgだけこちらで買って先に漬け込んでみたもの。

Cpicon 毎日の健康に♪私の極上梅酢♪ by ななは778

いつもは少し梅多目にするのだけど、最近旦那クンも一緒に梅酢を飲むと言い出したので、配合は一般的な1:1:1.8(梅:氷砂糖:酢)にしてみました。
一年後はどうなってるかなぁ
ちなみに右にちょっとだけ写っているペットボトルの梅酢は2年物
琥珀色で、このまま口に入れてもむせたりしないぐらいマイルドなの
これぐらい置ければ理想だけど、置き場を考えると1年が限界かなぁ

手前のタッパーとピッチャーが梅シロップ。もうエキスが出てきています
梅酒用2kg、梅酢用3kgで残った1kgちょっとを全部シロップ用にしたのでピッチャーに入りきらず、タッパーに入れました
何かビンを買い足そうかなって思ったけど、梅シロップの完成は早いから、その後にペットボトルに保存すればいいや~と思って。
でもやっぱ、色気ないですね
この梅シロップの完成品は後日お披露目します。


翌日、母にメールしました。
お世話になったお礼と、もらったミントやアイビーの様子、旦那クンのお母様に会ったこと、喜んでもらえたこと、二人とも体を大事に過ごして欲しいと。。
すぐさま「良かったですね」と返事があったので、やはり容認してくれたんだなぁって。

結婚OKの許可がおりたのなら、後は書類をそろえて挨拶に行くだけ。
せっかくだから事実婚の結婚記念日にあわせて入籍しようと話し、書類をそろえて親にメール。
姓が変わることは賛成してくれないだろうけど、方向性を決めたと言うことを挨拶に行こうと思っていました。
郵送で済ませられれば楽チンだけど、それじゃ納得しないだろうし、事実婚の結婚記念日『7月23日』に間に合わないかも…と思ったから。
その前の3連休に1泊でお邪魔しようかと計画し、2週間前に母へメールしました。
しかし待てど暮らせど返事なし。
出発の2日前に父と母の2人にメールを入れたものの、翌日返事があったのは母から。

『結婚のことは関与しません。もう親も家も何もないと思って下さい』

このメールを見た瞬間、哀しい気持ちでいっぱいになりました。
と同時に、やはりあの時「好きなようにしろ」って言ったのは容認ではなかったんだ。。。
夜に再度「とにかく話しに行きたい」と伝えたのだけど、

『言い訳なんて聞きたくありません。お陰でここずっと眠れません。明日会ってもお互いに嫌な思いをするだけですもんね』

とても話をしに行く状況なんかじゃない。。。
父はメールを無視。返事も来ません。

母は私に幸せになってほしいのではなく、自分の価値観やエゴを押し付けたいだけ。
ずっと前からいつもそうだ。。。

旦那クンと数時間話していたけど、哀しくなって涙がこぼれました。

こんな状況なのでとてもじゃないけど、入籍なんて話にならなそう。。。

自分が卑屈になった性格や過去のトラウマから親を恨んでいるけれど、それに縛られずに自分を変えて改善していこうという旦那クン。
私が悪い 私に我慢しろ 私自身を変えろってこと
そう責めてしまうけど、相手を変えたかったら自分を変えろと言いたいらしい。

自分の次元を変えることで、周りが変わる。
これは私自身も体験したこと。
『類は友を呼ぶ』って嘘じゃなかったなぁ…って思ったっけ。

でも次元に適した友達は変わっても、親は変えられない。
自分は間違ってないと信じて疑わない母。

私はどうしたらいいんだろう。。。

何だかそんな現状です。。。


次回はお土産のお披露目をしますね
時計
プロフィール

ななは

Author:ななは
関東生まれの関東育ち☆
2009年7月より滋賀在住
8歳年下の旦那クンと2人で仲良く暮らしてます✿

ずぼらでおっちょこちょいなO型さん

初の県外居住のため、カルチャーショックな日々です(笑)

料理&お菓子作り、雑貨、おしゃべり、簡単、旅行(欧州・台湾)、世界遺産が好きなチョコレー党☆

最近はフランスパン作りと写真にハマり中✿

お料理サイトCOOK PADにもキッチン開設してますが、そちらで書けなかった事を書いていけたらと思っています。

どうぞ気軽におしゃべりしていって下さいね♬

コメント&トラックバッグについては、記事と無関係なものや文字化けしているもの、不適切と判断したもの等断りなく削除させていただくことがあります。
どうぞご了承下さい。
また、ブログ内の写真等の無断転載は固くお断りいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
お小遣いサイト
現在登録しているポイントサイトやアンケートサイトです☆ オンラインショッピングや検索、アンケートなどでポイントが貯まりますよ♪
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱 お得なポイント貯まる!ECナビ マクロミルへ登録
旅行サイト
こちらの旅行サイトに私のブログが掲載されています♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。